人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 31日

熊野の旅 玉置山

 熊野信仰は元々原始宗教に近いような山岳信仰から始まったような物です。
 都からさほど遠くなく、山又山のかなたに広がる海・・・たしかに、都人にとっては神秘的なところでしょう。
 大峰山系の絶壁を除くとものすごく険しい高い山があるわけではありません。長野や岐阜のあたりの山の方がはるかに高く、険しく聳えています。
 高野山も大峰山も寒い所です。冬はいてつきます。
 しかし、道に迷わなければ普通の装備で登れる所です。
 それが、修行僧にとって適当な場所だったのでしょう。そして、その拠点となったところも、都人など一般人でもたどり着ける所だったのが、『熊野信仰』を産んだのだと思います。
 同じような修験道の道場である『羽黒山』や『月山』では都から遠すぎます。
 「都をば 霞と共に 発ちしかど・・・・・」ほどは日にちは掛からないにしても、まさに「みちのく」の土地ですからね。

 『熊野三山』と言われるのは、『本宮大社』『那智大社』『速玉大社』の三つです。
 これを廻るのが、『熊野詣』の定番、必須条件ですが、もう一箇所、信仰を集めていた所があります。
 それが、『玉置山』(たまきさん)・『玉置神社』です。
 修験道の道場の一つで、奈良県吉野郡十津川村にあります。
 ここの起源はものすごく古いらしいですが、立地的に他の三山に比べたどり着きにくい所にあります。
 修験道の人たちには奥駆け道の一部ともいえるところであり、世俗から離れた所として大切な場所であったようです。
 今の時代でも、『熊野三山』が団体ツアーバスが横付けするのに対し、この『玉置山』は「マニア」と言っては失礼かもしれませんが、特に興味を持った人たちだけがお参りする場所です。
 残念ながら、私はその中に入りませんので、『玉置神社』におまいりしたことがありません。
 添付の地図でも分かるように、今は熊野市になった紀和町の川向にあるのですが・・・・

 時間があって、しっかり歩く覚悟のある方は、変な所をうろつくより、ここにおまいりすると、もっと昔の熊野信仰に近づけるかもしれません。
d0045383_11104290.jpg

この周辺です

by je2luz | 2008-03-31 11:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7604334
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 桜祭り      熊野の旅 木本と有馬 >>