人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 31日

熊野古道  本宮道 風伝峠

 いよいよ、熊野市を離れ熊野三山に向かいますが、南牟婁郡御浜町に入ってしばらく進むと阿田和(あたわ)地内で街道が二つに分かれます。まっすぐ行くと2里あまりで熊野川に出ます。川向は新宮です。昔(昭和初期まで)は成川(なるかわ)に渡し舟がありました。急流熊野川ですから、ほんの少し水が出れば川止めでした。と、言うことは・・・宿場が繁盛し、女郎屋も・・・だったようです。
 今回は阿田和から右に折れ『尾呂志街道』(おろしかいどう)を進み、風伝越え(ふうでんごえ)で。鉱山跡の板屋を抜け、本宮大社に向かいます。
 今は熊野市から山を抜けて斜めにここに向かう311号線が主流になりましたが、1960年ごろまでは紀和町に入鹿(いるか)鉱山があり、賑わっていましたから、この風伝越えは非常に賑わっていたそうです。頂上には『風伝茶屋』があり、『風伝餅』が名物になっていました。今は、311号線改修に伴いトンネルが掘られ峠を越えることもなくなりました。峠を通らなくなってもしばらくは風伝餅を峠で売っていたようです。
 この風伝峠を境に裏側は熊野川沿いの寒い紀伊山地、表側は太平洋の暖かい気候と、極端に気候が変ります。そのため、晩秋や冬の風のない日の出時に霧が峠を越えて一気に駆け下ってきます。この現象は『風伝下ろし』といわれます。気象条件と時間が合わなければ見られません。地元の人には珍しくなくても外の人間には・・・
 寒い季節にこられた方は、一か八か朝日の中を風伝越えにチャレンジされたら如何でしょうか?
 この写真は、全く偶然に遭遇した時のものです。アマチュア無線の為に移動していたのですが、運良くカメラが載っていたので撮影できました。


by je2luz | 2005-05-31 09:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/757586
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野三山  本宮大社 1      熊野古道・・・寄り道・・・熊野... >>