人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 11日

熊野の旅 予告 昭和30年代の写真展

 昨日までは私が撮った『昭和を撮った写真』をテーマにした写真展をやっていました。
 13日からは、同じ本町通り関船町の展示場で、私が昔々、昭和32年から36年に撮った木本の様子の写真の展示を行います。
 昨日までのは、撮り下ろしと言うのか、今、撮ったもので、カメラや資材は古くてもフィルムも6×9と大きいし、今のものですから非常に上質な仕上がりの物です。
 今度の分は、40年前のもので、カメラも35mmカメラですし。フィルムの名前こそ同じでも乳剤は格段に劣る時代のものです。当然のように、画質はかなり落ちてしまいます。
 実を言うと、二日ほどしかないのに、一枚も焼き付けていません。
 前回は全紙の伸ばしもしたのですが、今回はとても全紙には耐えられないだろうということで、半切が最大サイズになります。その印画紙を手配したら、品切れとかで発送が遅れて、ようやく先ほど着いた所です。この書き込みが終わったら、現像液を溶かしたり、準備に掛かります。
 アマチュアの暗室なので、引伸ばしならかろうじて昼間でも出来るくらいまでは継ぎはぎで遮光してありますが、やはり、安全のために夜だけの作業になります。
 たった、十数枚の写真を焼くだけですが、数年にわたって撮ったもので、かなり調子も違うようなので、短時間には出来そうもありません。コンピューター上での調整は簡単ですが、印画紙焼付けでの調子の変更は時間も掛かるし、無駄な印画紙を消費するのでお金も掛かります。
 古い写真なので、少し茶色い印画紙を使うとムードがでるのですが、今流の『純黒調』というきりりと締まった写真になってしまいます。
 著作権には期限はありますが、肖像権の方はどうなのでしょうね。
 本人の了解も取れないので、なるべく、人間の入らないものを選んでいます。
 他所から来た人だと、人物が写っているほうが、その時代が感じられるのですが、地元での展示なので一応避けています。
 今度のは何時まで展示するのかわかりませんが、しばらくはやるのだと思います。
 こちらに来られることがあれば、石畳の本町通り真ん中辺の民家でやっていますから覗いてみてください。
d0045383_1132433.jpg

 昭和35年(1960)当時の七里御浜木本海岸堤防です。
 下の写真は今の木本堤防で、ほぼ同じ位置からのものです。
 内側には国道42号線が走り、本の堤防の外側には同じ高さの新堤防は作られています。
d0045383_11374617.jpg

この周辺です

 

by je2luz | 2008-03-11 11:39 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7458628
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by QUMRAN-QUMRAN at 2008-03-11 16:37
こんにちは。
いつも楽しみに、そして、懐かしくブログを拝見いたしております。
新しいブログを作りました。そちらでもまた、よろしくお願いいたします。リンク、よろしいですか?
Commented by je2luz at 2008-03-11 21:34
 ずっと、お待ちしているのですがねえ・・・
 高菜も漬かっていますし・・・

 新しいブログですか・・・
 又、覗きに行きます。
 どうぞリンクしてください。


<< 熊野の旅 伊勢湾台風と復旧・防災工事      熊野の旅 熊野の鬼ヶ城附獅子岩 >>