LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 07日

熊野の旅 三重県立木本高等学校定時制

 宣伝です。
 三重県立木本高等学校は今年も廃校を逃れました。
 今年の募集から停止なった県立の定時制高校が1校在りましたので、この定時制も風前の灯なのです。
 昔は、高校進学率も低く、その理由の一つに親の収入が低いと言うのがありました。
 そのため、こうした定時性高等学校には、本物の『勤労学生』がたくさん通っていました。
 こんな田舎の街でも、木本高等学校に通う勤労学生を優先して雇ってくれるお店もあり、そうしたところで働きながら通っていました。
 当時は、大学の二部・夜間部も勤労学生がかなり居たものです。
 しかし、世の中が『所得倍増計画』や『高度成長』で親の平均所得も上がり、高校進学率が上昇、高等学校の新設も急速に行われて行きました。
 それとともに、定時制高校への進学がどんどん減って行きました。
 入学者数が数名しか居ない状態がずっと続いており、県にとっては大きな負担となっています。
 若いときに高校に行けなかった方も随分入学し卒業されて行きましたが、人口2万の町ではそれも底をつきました。
 近年行われているのは、数名しか居ない教室での授業を公開する『科目受講生制度』です。
 木本高校定時制の行う授業のうち、自分の希望する科目を選んで受講するものです。
 ここの定時制は『普通科』なので、すでに普通科を卒業している人は入学できません。しかし、この『科目受講生』としてなら、授業を受けることが出来ます。
 私は深夜にぼんやり教育テレビの高校講座をぼんやり見ていることが多いです。
 日本史・世界史・地理など、おぼえなくて良い状態なので気楽に眺めています。数学となると、ぼんやり眺めているだけでは、使っている公式を、『あったあった・・・』と思うだけで、空で計算する力はなくなっています。だから面白くはないです。
 だからと言って、私自身は不精ですから、決まった時間に学校に行って授業を受ける気は起きません。
 こうした制度は、ここの木本高等学校以外にもあるのではないかと思います。ぜひ、活用されてみてください。
 木本高等学校定時制の問い合わせは 0597-89-6244 です。
 説明会は 4月7日(月) 19:00から あるそうです。
d0045383_1125461.jpg

この周辺です

by je2luz | 2008-03-07 11:26 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7428482
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 半世紀の時       熊野の旅 月例 熊野市報3月号より >>