人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 28日

熊野の旅 日本旅館・修学旅行宿

 私が子供だった頃、旅行と言えばやはり泊まるのは『旅館』でした。
 まだまだ、日本旅館が元気で、ホテルなんてものは『帝国ホテル』を筆頭にお高くとまった高嶺の花でした。ビジネスホテルなんてものはありませんでしたからね。
 日本間で当然布団を敷いてもらって寝る形です。
 夕食の時間ともなると、お膳を高く積み上げて、前が見えないような状態で、女中さんたちが廊下を走り回る・・・非常に活気を帯びたものでしたね。
 昭和30年代ともなると、東京や大阪でもラブホテルなんてものがまだのさばっていなくて、その筋のものでも「連れ込み宿」なんて呼ばれていましたね。
 自家用車なんて無い時代には「モーテル」なんてあるはずも無いですしね。
 昭和40年ごろになって確か目黒に立派なラブホテルが出来たり、湘南大船に船の形をしたモーテルがオープンし大騒ぎした記憶があります。
 そうした昔には、今も残る高級一流観光旅館ではなく、もっともっと安い旅館が頑張っていたのです。
 
d0045383_113035.jpg

 この写真は、1957年大阪です。
 「大阪屋」というこの旅館、今のアメリカ村辺りにあったのではないかと思いますが、典型的な『修学旅行宿』です。
 この隣りも「京屋」なんて日本旅館だったようです。
 奈良や京都にもこんなのが一杯ありましたね。東京では本郷辺りに固まっていたようです。
 
 この熊野でも旅館が元気だった時代です。
 木本だけでも、『日の出館』『朝日館』『亀齢館』『御浜館』『よし住旅館』・・・『清玉旅館』など、全部は思い出せないほどあったのです。
 今の時代は、プライバシーだ何だというので日本式旅館は流行りませんね。
 個室にこもれて、食事も自由になるビジネスホテルを使う人が増えて、日本旅館でも部屋は孤立させ、なるべくお客と接しないようにするくらいですね。
 部屋に通され、宿帳を書きながら、番頭さんなり女中さんなりと交わす、ほんの少しの会話で、その旅館の雰囲気やその土地の様子が垣間見えたものです。
 もっとも、『心づけ』なんて、風習もあって、若い旅行者には悩みの種だったものです。
 夕飯を運んできてくれて、そのあとに、とこを延べにきてくれて・・・朝も起こしてくれて(起こされて?)、床を上げてくれて朝食を運んでくれる、暇だと給仕もしてくれる・・・女中さんとのふれあいが結構あったものです。
 今のテレビの取材のように、とんでもない料金で特注料理を発注しなくても、旅の情緒は味わえたものです。

 修学旅行宿では、大部屋で雑魚寝ですから、ゆっくり寝られない代わり、クラスの仲間が団子になって二晩とかを過ごすので、普段とは違う親密さがでたものです。
 もちろん、修学旅行には『枕投げ』がつき物でした。
 そんな旅が姿を消し・・・
 ふれあいの無いたびが増えたようです。
 それでは、神々にも仏たちにも触れ合えないのでは・・・と心配になります。
d0045383_1222740.jpg

 この年にはこんなのも流行ったようです。
     『有楽町で逢いましょう』  フランク・永井
      あなたを待てば 雨が降る
      濡れて来ぬかと 気にかかる
           

by je2luz | 2008-02-28 12:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7367134
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 本日写真のみ      熊野の旅 1959年 田舎が変... >>