人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 17日

熊野の旅 こんなのやってました 本町通り

 昨日の土曜日、木本町本町では商店街?の主催でイベントが行われていました。
 たいそうな物ではなく、協賛のお店で一寸とお買い物をすると、ぜんざいやうどんなどのサービス券がもらえると言うものです。
 ぜんざいなどを作るのは、そうしたお店の奥さんとかのようです。
d0045383_10433332.jpg

 これは、元自転車屋さんだったところにオープンした『ぜんざい屋』です。
 オープンしたと言っても、イベントの時だけです。
 先月もやっていましたから、多分、第三土曜とかと言う形で定期的に開催されるものと思います。
 『紀南ツアーデザインセンター』ではうどん屋がオープンしていたようです。
 協賛店での買い物も500円とかでよいようですから、簡単にサービスにありつけます。
 ただ・・・この本町筋には昔のようにお店がたくさんあるわけでは無し、土産物屋とか喫茶店、食堂があるわけでも無いので、熊野古道歩きの人がその500円の買い物をどうするか、頭を悩ますと思います。
 私は、 『まあ、旨いから 食べてみろよ』 と言われて、試食にありつきました。
 甘みたっぷりの『おいしいぜんざい』でした。
d0045383_1183986.jpg

 商工会議所の中では『カルメラ焼き』の体験教室が行われていました。
 少し前、なんかのドラマの中でやっていましたが、私が子供の頃には家庭で普通にやられていたものですね。
 私も小さい時にやった覚えがあります。
 『黄ザラメ砂糖』と『重曹』と『アルミのお玉』と『小さなすりこぎ』があればおいしいお菓子が出来るので、戦後のお菓子の無い時代に流行ったのでしょうね。
 根気良くやり、タイミングよく火から下ろさないとせっかく膨れたものがペッチャンコになります。
 この会場でも、潰れた残骸がバットの中に一杯ありました。
 昔なら、この失敗作も一かけら残らず子供の胃袋に消えたものです。
 『カルメラ焼き』が懐かしい年代だと・・・もう老齢期ですね。

この周辺です

by je2luz | 2008-02-17 11:03 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7278563
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 1957年の風景      熊野の旅 こんなの見つけました... >>