LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 13日

熊野の旅 花の窟神社

d0045383_1163150.jpg

 『参加型レジャー』の原型が『日本のお祭り』でしょうね。
 お祭りはこうして参拝者が参加して行われるので長年受け継がれて来ます。
 多少の浮き沈みがあっても、住民が居る以上は大丈夫なようです。
 それに引き換え、参拝者は『ただありがたく拝むだけ』と言う形の行事は、格式があるだとかなんだとか言っても、段々参拝者も減少しているようです。
 従来型のお寺さんの行事にはそれが多いようです。
 この『花の窟神社』などは、取り立てて氏子がたくさん居るわけでもないようですが、結構遠方からの参拝者も居て、決して多くは無いですが、そこそこの参加者で『お綱掛け神事』は遺児で来ています。
 参加者はどの写真を見ても生き生きとしています。
 『日本最古の神社』と言いながら、神殿も無い、格式ばらない・・・
 そんな所のそんな行事です。
この周辺です

by je2luz | 2008-02-13 11:19 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7245991
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 これから      熊野の旅 紀州路に共通するもの >>