人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2008年 02月 01日

熊野の旅 熊野古道情報

 コメントの方で質問があったのですが、熊野古道の通行止め区間のことです。
 昨年の集中豪雨で南牟婁郡御浜町地内で地滑りが発生し、一部の熊野古道が通行止めになりました。
 いわゆる『坂本越え』になる、『横垣峠』です。
 一部については復旧工事が完成して通行可能?になりました。『通行』ではなく『立ち入り』という感じでしょうか、通行止め区間は引返してくださいと報じられていますからね。

 熊野古道も世界遺産の一部を構成するところは勝手に直すことも出来ないようですね。
 今流の林業用作業道みたいにしてしまうわけにも行きませんからね。
 もう一つ、『道』としての需要はほぼ皆無な物ですから中々手が廻らないようです。

 国道でも、309号線と言う、ほとんどが169号線と併用されるもので、地図上では熊野から京阪神への最短路のものが、崩壊で通行止めになっていたことがあります。
 奈良県吉野郡上北山村から吉野郡天川村に抜ける部分です。
 地図ではほんの少しの区間になる『行者還り』と言われる1000mを越す難所区間ですが、復旧まで何年も掛かりました。直す気が無いのかとさえ思われましたね。
 この道路も、国道と言っても、この峠の入り口で分離される169号線の改修がほぼ完成していて通り抜ける車が少ない・・・上北山村から天川に行く用事も差ほど無い・・・迂回路もある・・・それに、天川村から見るとこれを越えて熊野方面に向かうなんてことは一生に一度も無いことなので、村民からの要望も無い・・・
 あれやこれやで国道なのに何年も通行止めでした。

 『横垣峠』もそれ以上に需要と言うものが無いですから・・・
 あるくらいなら、百年も地中に埋もれていたなんてことは無いはずですからね。
 崩れた田圃の石垣や林道も復旧もままならない地方の現状では完全復旧まではまだ日にちが掛かると思われます。
 『世界遺産』と言う『黄門様の印籠』をもってしても・・・
d0045383_10273167.jpg

 この写真は『横垣峠』の隣の『風伝峠』です。この季節の日の出の時間で無風の時にはこうした朝霧が紀和から越えてくるのが見られることもあります。
この周辺です

by je2luz | 2008-02-01 10:38 | 熊野 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/7141035
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 赤い梅星 at 2008-02-01 15:12 x
なるほど、立ち入りは出来ても通行は無理ですか。
確かに生活には関係ない道ですしね…。
質問に答えていただいてありがとうございました。
しかし出会いサイト?の宣伝鬱陶しいですね…


<< 熊野の旅 花の窟春の大祭・お綱...      熊野の旅 ノスタルジー >>