人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 28日

熊野の旅 人口動態 んん???

 来年、2008年新年号の熊野市報より・・・

 お誕生    9
 おくやみ  30   (11月11日~12月10日)

 全くさみしい数字です。
 今月の亡くなられた方には38歳と58歳と言う、働き盛りの方が含まれました。
 90歳以上が6人と、やはり高齢者が多いですね。
 この数字から見ると、自然増減は -21 なのですが・・・

 人口    21.182    (+1)
  男     9.867    (-22)
  女    11.315    (+23)
 世帯数  10.190     (-7)     (12月1日現在)
  
 期間で算出するものと、日にちで切るものの差があるとは言え、同じ期間内のものです。
 自然減でー21なのに、結果は+1なのです。
 大きな町なら変動の範囲ですが、ここに現れている、女+23はどうしたことでしょうね。
 昔は、メリヤス工場が出来たとか、ハーネス工場が出来たとか言って、他所に行っていた娘を呼び戻すと言うこともあったのですが、今では市内各所にあったその手の工場は壊滅していますし、新しいものができてと言う話も聞きません。
 増えたと言うことは良い事とも言えますが、女ばかりの増加では・・・
 養老院が出来たという話も聞かないように思えますがねえ。
 万一これが、都市部でのワーキングプアーのあおりで、娘さんたちが正月前に見切りを付けて帰って来たのだとしたら・・・帰ってきても、嫁に行く先があるのやら・・・
 ここでも、他所の田舎同様、ほんの少し残った男の子には嫁の来てが無くて困っているのも確かです。
 片や、嫁に行く先のない娘さんも居るのです。
 今では、やたらと縁談を世話するお節介なおばさんも減ってしまいました。昔と違い、下手に世話すると大変ですからね。
 遊んでも、結婚は別・・・と言う考え方は、都会も田舎もあまり変わらないようですしね。
 外国から花嫁さんが少しずつ来ているようです。これも、田舎町共通の現象のようですね。
 知り合ったのが、外人さんで、好きになってしまったのなら、苦労も楽しいかもしれませんが、お見合い?で一緒になって、言葉もほとんど通じなくって・・・
 文化の違い、食生活の違い・・・さぞかし、お嫁さんも大変でしょうね。
 夫婦の間の万国共通のこと以外は意思の疎通に事欠いて・・・夢見た日本と現実の日本のド田舎暮らしとのギャップもあるし・・・

 それにしても、今月の数字は一寸不思議な物です。
d0045383_1255977.jpg

この範囲です

by je2luz | 2007-12-28 12:08 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6831049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 宅地分譲      熊野の旅 初詣は? >>