LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 24日

熊野の旅 記念通り いこらい市

 数年前から、毎月第4日曜日のお昼過ぎまで、熊野市のメインストリートの記念通りで行われるバザーのようなイベントです。
 『いこらい』は大体読んで分かるかと思いますが、『行こうよ』と言う言葉のこの辺版です。
 定期的の開催され、スーパーオークワの向いっ側、木本小学校沿いにおそろいのテントを立てて、近在のお店や団体が出店をしています。
 参加する数は毎回違うようですが、さほど多くはありません。
 大きなイベントでもなく、最早、背後地、見込み客となる近郷、山間部などの人口が激減、老齢化していますから、こうしたイベントに釣られて、『行って見ようかいのし・・・』と、人が集まる情勢ではないのです。
 オークワさんも店の前に平台を持ち出して野菜の特売をやって協賛していますが、この日だから取り立てて客が多いと言うほどでもなさそうです。
 記念通りの商店組合がやっているのだと思いますが、継続するのも大変かと思います。
 かつては、フリーマーケット的な店も少しあったときがあるように思いますが、客層がそうしたものを楽しむファミリーではないので段々無くなってゆくようです。
 狭い歩道上ですし、地べたに座り込んで品物を広げることも出来ませんし、しゃがみこんで物色できるスタイルでもないのがそうしたものには向かないですね。
 一ヶ月に市内全域で生まれる赤ん坊が10人ほど・・・と言う町が広い熊野市です。こうしたところが市場としてどんなものか、都会の人には一寸想像し難いと思います。
 山手線内側ではなく、環八内側より広い所に二万人が住んでいて、赤ん坊が年に200人足らず・・・です。
 それでも、がっばってやっているのを見て、近所の人が『サンマの寿司』『サンマの丸干し』『漬物』などを買い求めています。
 目の前のオークワや魚屋でも売っているのですが、雰囲気的にこうした所で買う方がおいしそうにも見えますからね。
d0045383_11355148.jpg

d0045383_11361082.jpg

カメラは コダック・レチナIIIc
独逸)

この範囲です

by je2luz | 2007-12-24 11:42 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6801727
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 迎春準備      熊野の旅 暖地 >>