人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 25日

熊野古道・・浜街道 1 ・・七里御浜

 こんどは元に戻って熊野古道の浜街道を熊野三山の方へ進みます。
 花の窟のところからまっすぐ海に沿って進むのが『御浜街道』新宮・速玉大社に向かいます。
 ここから山手のほうを進み、今の国道311号線のルートで山を越え紀和町経由で熊野川の中流に出て本宮大社に向かう『本宮街道』もありますがこちらは険しい道です。
 御浜街道は緩やかに弧を描く七里御浜沿いを歩くもので起伏も無く楽な行程です。その道の落とし穴は途中にある志原川(しわら)・市木川(いちぎ)・尾呂志川(おろし)の河口です。大きな川ではなく橋の無い時代でも砂利で閉塞しているような河口を渡るのは簡単です。しかし、一端雨が降るとそこに足を入れるとあり地獄のように歩くことも出来ず、海にさらわれてしまいます。降っても、海が荒れても危険なところです。上流まで回れば長い川ではないので渡る事は可能ですが土地不案内の人は犠牲になることもあったようです。
 今では海岸沿いに国道が走り小さな川なので気が付かないうち気越えています。
 七里御浜は写真のように広々とした玉砂利の海岸です。新宮までの20Kmほど全てがきれいな浜になっています。何処で海岸に出られても爽快な気分を味わえます。
 次は花の窟の傍から始まる松原、『有馬松原』を案内いたします。


by je2luz | 2005-05-25 19:14 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/674012
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野古道・・浜街道 2 有馬松原      古道のわき道 6・・・大泊・清滝 >>