人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 18日

熊野の旅 560人???

 今日の新聞に・・・
 『560人、熊野古道を歩く』  と言う記事がありました。
 尾鷲市が企画したもののようです。
 昨日17日は、『八鬼山越え』(やきやま)を歩いたのだそうです。
 今日18に日は『馬越峠』(まごせ)を歩くのだそうです。
 二日間で、主催者発表でしょうが、延べ約千人が参加するそうです。
 写真もカラーで載っていますが、いつも書くように、あまり秋の無い地方だ方仕方無いのですが、新緑の中を歩くようなものでした。
 尾鷲市内の熊野古道も立派な『県立熊野古道センター』を建てたのに、観光客の集まりが非常に悪くて困っているのですから、まあ、結構な企画かと思います。
 
 世界遺産・熊野古道を観光資源と捕らえるお役所の方針からすると、熊野古道は失敗企画の典型なのです。
 560人と言うとすごい数に聞こえるのですが、観光地として考えると、560×360=201600人です。
 毎日これだけ動員しても、流行らない観光地の年間入りこみ客数に及ばないのです。
 しかし、650人も山道をぞろぞろ歩いたら結構ごった返します。静かな古道ムードも消し飛んだことかと思います。
 もし、こんなにいつも歩いていたら、古道のコケもみんな消えて、しょうも無い歩きにくい山道になってしまうでしょうね。
 しかししかし・・・
 道の近くの人は一遍にこんなに来たらびっくりしたでしょうね。
 
 お役所の企画だとか、新聞社の企画だとかがあると何とか参加者をかき集められるようですが、フリーで訪れる人は少ないですね。
 JALパック、農協旅行以来、企画旅行慣れしてしまった日本人には自分で考えるなんて面倒なのでしょうかね。
 個人でやってきても、ガイドブックやパンフレットを首っ引きで覗き込んで、その通りに踏み外さないように景色も見ずに歩く姿が見かけられます。見ていて悲しくなります。
d0045383_10182299.jpg

 八鬼山や馬越峠の写真が無いので、相変わらず松本峠です。
 カメラは 東京光学・プリモフレックスIII

by je2luz | 2007-11-18 10:21 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6586841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kawazukiyoshi at 2007-11-18 11:12
団体旅行も少数グループの旅行も
楽しいものです。
でもそろそろ個人の旅行を楽しむような時代に
なってきたのじゃないかなー。
人の思いって多様ですからね。
今日もスマイル
Commented by je2luz at 2007-11-18 23:49
 団体に似合うところ、一人・二人旅に似合うところがあると思います。
 お寺さんや古道はどちらかと言うと・・・
 もっとも、お寺さんでも日本人は『団参』なんて好きなようですが・・・


<< 熊野の旅 古い看板      熊野の旅 遠くなる戦争の記憶 入鹿 >>