人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 11月 12日

熊野の旅 昭和は遠くなりにけり 1

 かつて、御世が昭和だった頃・・・
 『明治は遠くなりにけり・・・』などといわれました。
 今や御世が『平成』になって20年近く経ってきましたから、『昭和は遠くなりにけり』と言う時代になってきました。
 平成元年に生まれた子供がもう高校を卒業しているのですよね。

 昭和時代が長かったので、同じ昭和でも、『戦前の昭和』『戦後混乱復興期の昭和』『裕福な日本の昭和』は異質な物ですね。
 戦前の昭和から戦後混乱期復興期の昭和は、生活の方では古い物が沢山残っていたように思います。
 生活様式の変化でどんどん身の回りにあるものが変わってゆきました。
 家の中も、戦後すぐから叫ばれた『新生活運動』の成果なのか、すこしお金に余裕が出来ると、一番先に改造されたのが台所でした。
 日の当たらない、暗いところに追いやられていた『台所』が生活の主役に躍り出てきた時代です。
 石油ストーブや家電のメーカーとか言うものも出現し、『炊飯器』『石油コンロ』『冷蔵庫』『洗濯機』など家事労働の合理化に資するものに力を入れました。
 その普及とともにそれにあわせて家も改築されてゆきましたね。
 一番先に消えていったのが、写真のような『おくどさん』ですね。
 古来、日本の日常生活で最重要のものであったのです。
 『おくどさん』『くんど』『かまど』『へっつい』『へつい』・・・呼び方は地方や家によって様々だったでしょう。
 移動できるものもあったのですが、基本的には土と瓦のような焼き物などで作った、重くて大きなもので、薪を燃やすので台所を土間にして、でんと座っていたものです。まさに、台所の中心をなす存在でした。
 逆に石油コンロやガスコンロの普及とともにものすごく邪魔な物となってしまいました。
 『こいつがあるから台所が土間になっていて、上がったり降りたり大変なんだ。』とか『土間にしなくても良くなれば冬も足が冷えなくて済む』などと言うことで、よほどの旧家で台所が大きいく、一部の改造で近代化できるようなところを除いて取り壊されてしまったのです。
d0045383_11182587.jpg

 この『おくどさん』は前にも紹介したように、熊野市が熊野古道歩きの人の休憩所として解放している『紀南ツアーデザインセンター』(旧奥川邸)に残されているものです、
 型式はさほど古いものではないですが、年配の田舎育ちの人なら、この「おくどさん」の大きさを見ても、この家の大きさが推し量れると思います。
 カメラは センチュリー・グラフィック+スーパートプコール65mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-11-12 11:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6551418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 昭和は遠くなりにけり 2      熊野の旅 まだまだ大きすぎる・・・ >>