LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 31日

熊野の旅 新聞記事より サンマ寿司

 世界遺産指定誘致運動中や指定直後は新聞の地方欄はもちろん全国版でもしょっちゅう取り上げられてにぎあわせていた『熊野古道』も指定後一年を経過したあたりから、めっきり登場回数が減っています。いまでは、地方版のごくたまに登場するだけです。
 『人の噂は49日』と言いますから、それよりは長く持ちましたけどね。
 最近では三重県関連の記事は『赤福』『お福』の名物餅の話題がクローズアップされて賑やかです。伊勢と言う所は昔ほどでは無いしても、江戸時代から観光地として、やはり、一等地だったのです。そして、名物もよく売れていたのです。
 『お伊勢参り』がはやる前は『熊野詣』がはやっていたのですがねえ・・・
 江戸期に入る頃から『伊勢』の方が優位に立ちましたね。
 これは近代に入っても、圧倒的な交通の便のよさと天皇家直属の聖地と言う立場でどんどん伸びましたからね。戦後になって聖地としての扱いがなくなっても優位さは変わりませんね。

 さて、新聞記事のほうは・・・
 『サンマすし発祥の地アピール』 と言う見出しです。
 日本書紀に有馬の地『産田神社』の祭礼に振舞われる料理に『サンマの姿すし』があったと書かれているそうです。
 日本では『古事記』や『日本書紀』に記載があると『日本最古』と言う風に名乗ることが多いのですが、書かれているということはその時代には存在したということは間違いないでしょう。
 『産田神社』では今でも1月10日の祭礼の時には『サンマの姿すし』を振舞います。そして、安産や子供の健やかな成長を祈願します。
 ただ・・・この寿司には骨がついています。食すには・・・
 この日には、境内で当然『サンマ寿司』が販売されています。それには骨は付いていませんからご心配なく・・・

 今では名前だけは全国的に売れている『サンマ寿司』について、由来の説明などをするためにこのパンフレットを、『さんま寿司保存会』の方で一万部作ったそうです。

 二十年ほど前、『熊野市物産振興会』を立ち上げて、物産振興PRパンフレットを作りました。
 その時に『サンマ寿司』『サンマ干物』『那智黒石』『桧縁台』などの写真撮影をしたことを思い出します。
 デジタルカメラなど無い時代ですから、マミヤRBにポジフィルムを入れての撮影でした。予算もないし、ギャラの要らない私が撮影して、現像が上がるまでひやひや物だったのを思い出します。
d0045383_11521328.jpg

 カメラは ミノルタ・オートコードL

by je2luz | 2007-10-31 11:56 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6478898
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 EXが増えていました      熊野の旅 熊野古道とお役所の予算 >>