人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 18日

熊野の旅 日本人らしい旅・・・

 リゾート法と言う珍法?が浮上し、この地方が指定されると言う時でした。
 時の政府の方針を、今は県知事になっておられる衆議院議員の方が説明に来られました。
 
 『リゾート法とは、国民にゆったりと休暇を過ごしてもらうためのインフラを整備しようと言うものです。
 おおむね、夏期休暇を10日として、新鹿海岸などでのんびりしてもらいます。雨が降れば本でも読み、天気の良い日には泳ぐもよし、サンデッキで体を焼くもよし・・・ニースやカンヌのように、英気を養ってもらおうと言うものです。費用もお安く、標準家族で100万程度に抑えるようにしたいと考えております。』

 このように、熊野市の課長級の人、市議会の人などを前に熱弁を振るってくれたものです。
 この当時、私は公式に発現できる立場だったので、あまりにもかけ離れた概念にあきれて発言させてもらいました。
 
 『ここは日本です。対象は日本人はずです。
 第一に夏期休暇がたとえ十日取れるようになったとしても、ひと夏の休暇で100万使える人がどれほどいるのでしょうか?まして、それがお安いと感じられるのはあなた方だけではないでしょうかね。
 第二に日本人はフランス人と違いレジャーに行って晴耕雨読的にのんびりは出来ないのです。三日あれば三箇所廻りたいのです。実にせわしない国民性でドイツ人的なのですよ。
 だから、根本的にこの法律の趣旨は間違っています。成功しません』

 と言うよう発言をして冷や水を掛けたのですが、法律が通り、三重県の東紀州地区とか宮崎県とかが指定され、追加で全国たしか次の分だけでも29箇所指定しましたね。
 東紀州は受け皿になる民間企業もなく、うまい具合に計画は頓挫しました。
 シーガ○○なんてその残骸ですね。

 リゾート法はうまく頓挫したのですが、その時の予想通り、世界遺産指定されてからの観光客の動向を見てもせわしないですね。

 伊勢を見て、熊野三山を見て、熊野古道も歩きたい・・・

 日程は夜行バスで伊勢に着いてお伊勢さんを見ます、その後、その日のうちに勝浦か湯の峯へ・・・あくる日に熊野三山を廻ることは可能でしょうか?
 なんて、質問がNETでは飛び交っています。
 余裕のある人で、もう一日ある程度ですね。
 伊勢の国から紀伊の国への道のりは昔も今もものすごく遠いのです。
 同じくらい離れていても、静岡に行ったついでに東京へ行って浅草寺にお参りし柴又も見たいと言うのなら簡単に移動できますが・・・

 世界遺産の『紀伊山地の霊場と参詣道』と言う代物の性格がどうも誤解されているようです。
 何だか、立派な神社仏閣が見られるような・・・熊野古道も歩く道すがら何か名所がありそうな・・・と言う風に思われているようです。
 お寺や仏像を見るなら、もっと便利な所に『世界遺産』があります。京都も奈良も世界遺産です。お庭も仏像も開放され伽藍も立派です。
 ここの『世界遺産』は有形のものより無形のものだと思います。
 何にも無い、大自然の中で、せいぜい、谷川の音や風の音、波の音しかしないところに身を置いて感じるものが『熊野』のもつ意味なのではないかと思うのですが・・・
 それでは、観光客は呼べませんよね。
 だからでしょう。
 業者さんの作るパンフレットなどでは熊野三山の神社なども、ものすごく立派に写していますね。そして、パンフレットやガイドブックに載っているものを見たら満足すると言うパターンのお客さんが多いのですね。

 ワイワイがやがや歩くのなら、奥多摩や秩父を歩いていればいいでしょう。関西にも山之辺の道とか色々ありますね。わざわざ、熊野まで来なくても・・・
 何も言わずに、峠の上で、谷川のほとりで、波打ち際で・・・せめて30分座っていてください。
 そこが熊野なのですから・・・
d0045383_12145191.jpg

 カメラは イコフレックスIIa・Restyled

by je2luz | 2007-10-18 12:17 | 熊野 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6395672
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ブログ意見集(投稿募集中.. at 2007-10-19 22:20
タイトル : ブログ意見集: 世界遺産は自然保護か観光促進か by G..
「世界遺産は自然保護か観光促進か」に関するブロガーの意見で、みんなの参考になりそうなブログ記事を集めています。自薦による投稿も受け付けているので、オリジナルな意見のブログ記事があったら、どしどし投稿してください。... more


<< 熊野の旅 外人さん      熊野の旅 夕日 熊野市木本町 >>