人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 10月 09日

熊野の旅 木本祭り 3 宵宮

 木本祭りの出し物の中で、『宵宮・よみや』と本祭りで様相の違う出し物が『よいや』です。
 この『よいや』は、栄町著言われる町内の出し物です、
 栄町は商店街の『記念通り』の半分以上を占める町内です。
 『よいや』はこの出し物に乗る子供たちが太鼓をたたきながら掛ける掛け声なのです。
d0045383_1024535.jpg

 この台車に乗っている『輿』に四人の子供が載り、太鼓を叩きます。
 『どん・どん・どん・どん・ど』と最後は撥で太鼓を押さえ込みます。そして、撥を差し上げて立ち上がりながら、『よーいや』と掛け声を掛けます。
 主役はこの四人の子供です。これは男の子の役です。
 この『よいや』を引っ張る脇役も夜宮の時は子供たちです。大人たちは介添え人黒子です。
d0045383_103143.jpg

 出発時間の前から綱のところに集まってじっと待っています。
 『栄町』も広い町内になるのですが、ここも旧町内で若い人は減っています。ここで育った人もほとんどは都会に流出しています。残った人も木本町内ではなく郊外に家を構えていることが多いのですが、祭りになると集まってくるので、まだ子供の数はそこそこ居ます。
d0045383_10383699.jpg

 ただ、居るように見えても『そこそこ』なのです。
 昭和20年代30年代の頃だと、町内の子供だけでも綱の場所争いが生じるくらいだったのです。他所の町内の子が綱を引くなんて中々出来なかったものなのですが・・・
 こうして引っ張って町内を一回りして、元のところに戻って『よみや』が終わります。
 改めて木本町内を夜に歩いてみると、『記念通り』と『本町通り』はそこそこ明るいのですが、他の道は真っ暗に近いのですね。
この範囲です

by je2luz | 2007-10-09 10:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6334370
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本祭り 4 本祭り      熊野の旅 木本祭り 2 宵宮 >>