LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 22日

古道のわき道 3 鬼ヶ城1

 熊野古道からほんの少し外れたところにあるのが、熊野の名勝『鬼ヶ城』です。
 新宮から続いた緩やかな砂利浜の最後のとこらから始まります。
 地殻変動で『獅子岩』などと共に海底からせり上がってきた岩壁です。約1Kmつながった、太平洋の荒波に突き出した奇岩の連続です。熊野灘に面しているため夏場になると荒波のため通行が不能になります。今は、遊歩道が一部台風で壊れていますから立ち入り禁止になっていて、東口から西の千畳敷との間が通れません。
 一般的には東の千畳敷側からの観光で鬼ヶ城を見たことになっていますが、本当の魅力は一周して初めて分かると思います。
 千畳敷は日の出と共に朝日が差し込む洞穴で、海賊の本拠になっていたと言われます。しかし、台風には高波がここまで届きますから、本拠にしていたことは無いと思います。
 松本峠の展望台から少し海岸より、鬼ヶ城の上の山に来ると、古い物見用の古城痕があります。遠くは太地の梶取岬、串本方面まで見渡せるので、海賊にとっては最適な見張り場だったでしょうね。
 黒潮がものすごい速さで流れていますから、串本から鳥羽大王崎までの間は陸地から離れて航海する事は昔の船では遭難を意味しますから、手の届くところを船が行くと言うことが海賊にとって、これまた好都合でした。かくして『鬼の元浦』木本が栄えたこともあります。坂上田村麻呂などと言う変なやつが来るまでは・・・
 写真は夕日の鬼ヶ城の荒磯です。
 カメラはバルダ・バルディックス・・レンズ・エナゴン75mm3.5 です。


by je2luz | 2005-05-22 20:15 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/631090
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 古道のわき道 4 鬼ヶ城2      古道のわき道 2 大馬神社 >>