人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 22日

熊野の旅 天気が良いので・・・

 ものすごく天気が良いです。
 今日の天気は、夏と秋が混在したような感じです。
 気温と雲は夏のよう、吹く風は秋のようです。
 庭の菜園では枯れた胡瓜の蔓や虫に食われて葉っぱがなくなってきて大きな実がむき出しに見える冬瓜の蔓が夏の終わりを告げています。
 そろそろ、こうした夏野菜を片付けて冬野菜の種を蒔かなくてはならないのですが・・・
 冬でも暖かい地方では冬野菜も良く育ちます。種まきが遅れても食べられるのが遅くなるだけで、ちゃんと育ってくれます。
 紀州の海岸線ではこうして季節感の乏しい菜園になります。ピーマンやしし唐なんて言うやつは、開花から大きくなるまでの時間は長くなりますがお正月頃までは続きます。そして、そのまま放置しても日当たりが良い場所だと年を越して次の年の春から又収穫できます。
 同じ熊野市内でも、一山越えると冬はちゃんと冬になります。だから、冬野菜の種まき時はきちんと守っているようです。
 壁になっているたかが500mとか600mの山の向こうは別世界です。日本はそれほど微妙な位置にあるのですね。
 100mで0.6度下がるとか言いますが、ジャワ島とかだと、500m登れば3度ほど涼しくなるだけですが、日本では黒潮の流れる紀伊半島南部でも3度とか5度下がると、冬には零下の世界に入ってしまいます。
 水の凍る温度・・・水で生きている地球上の生物の世界ではものすごく大きな境目ですね。

 お彼岸だそうです。
 暑さもそろそろ本格的に遠ざかってゆくのでしょうね。
 もう少し、涼しくなってから、夏野菜を片付けます。
 そうそう、熊野名物、『めはり寿司』の材料の高菜はここのような海岸線で作ると、よく育ちます。でも、早く育った分、味は薄くなるようです。
 一山越えた、熊野のチベットのような飛鳥、五郷などで育ったものの方がおいしいようです。
d0045383_12551641.jpg

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-09-22 12:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6202573
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 彼岸があるのなら・・・      熊野の旅 田舎と都会 今昔 >>