人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 12日

熊野の旅 木本天神さん由来

 先日取り上げた木本の『天神さん』の由来が少し分かりました。
 調べたのではなく、偶然に近い形で目に付いたのです。
 『熊野市史年表』平成6年発行のものをパラパラとめくって行くと目に止まりました。
 頃は宝暦年間(1751年~)、木本在住の水谷善吉なる人が士籍に取り立てられ和歌山に赴く時に、邑長、村長の西川久兵衛さんに天神さんの絵をあげたのだそうです。それを西川さんは自分の山に祭ったのだそうです。
 今でも天神さんの祭りは夏祭りですが、その時から夏祭りだったようです。
 と、言うことは本当に小さな祭りで、夏祭りが毎週やられている中に埋もれていますが250年余り続くお祭りなのですね。
 その頃に熊野古道の松本峠に地蔵さんが作られたそうです。
 この本は以前に発行された『熊野市史』以降に掘り起こされた資料を含め『年表』と言う形でまとめたものなので、記述は簡単と言うか荒っぽいものです。
 しかし、なまじ噛み砕いて解説していない分公平なのかもしれません。
 私は古文書など見てもさっぱり読めません。昔の人は楷書ではなくミミズが這った様な字を書きましたからねえ・・・
 悲しいかな、掛け軸でもお題目や南無阿弥陀仏のような決まりきったもの以外はほとんど読めません。判別できないものは分かるわけもありません。英語より厄介です。もっとも、英語も手で書かれた立派な手紙などやっぱりミミズが這ったようにしか見えませんが・・・
 この年表も以前に役職柄頂いたものですが、調べるのに使ったこともなかったのですが、引っ張り出したのですから、これからは少し使おうかと思います。
d0045383_1128407.jpg

 カメラは ローライフレックス・オートマットーX
この地図の中央付近にあります

by je2luz | 2007-09-12 11:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6129081
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 バス半額だそうですよ      熊野の旅 そもそも熊野とは >>