人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 09月 07日

熊野の旅 毎月のことながら

 今月も『熊野市報』が配られました。
 こうした広報誌と言うものはあまり面白いものでもなし、どこの町でも全戸に配布されますが実際に読まれる率はかなり低いもののようです。かく言う私もブログのネタ探しをするまではあまり見ませんでした。

 今月の数字・・・
  お誕生  18人
  おくやみ 14人
 何と!自然増になっています。すごいことです。
 よく見ると・・・亡くなられた方が少なかったようです。
 平成の大合併の出来損ない合併で熊野市に入ってきた紀和町での出生はこのところ見られませんね。
 そうそう・・・出来損ない合併などと書いてはいけませんね。一応熊野市と紀和町が合併して新しい熊野市が出来たのですからね。そして、紀和町関連の書類は全部書き直したのですから・・・
 でも、御浜町が残ったし、紀宝町と鵜殿村はそこだけで合併しちゃったし・・・本来一緒になるはずの旧南牟婁郡の大合併が失敗しましたからね。大金と大きなエネルギーをかけて超過疎市と超ド級過疎の町が合併しただけです。出来が良いとは言いかねますね。

 人口   21.217人 (-26)
  男    9.888人  (-17)
  女   11.329人  (-9)
 世帯数 10.222人   (-13)  ( )は前月比

 せっかく自然増があっても動態ではやっぱりマイナスですね。

 熊野市には自衛隊の募集事務所があります。今は私の家の近所にあります。元は、熊野市の観光協会の建物に入っていたこともあるくらい熊野市とは仲良しのようです。
 だからと言うのではないでしょうが、『防衛大学校等学生の募集』と言う記事が結構大きく出ています。広告ではありません、記事です。
 見出しは学制募集なのに、表の中には一般自衛官、二等兵いやいや、二棟陸・海・空士の募集が入っています。これは見出しから言うと少し変・・・

 県立木本高等学校には定時制普通科があります。定時性がずいぶんなくなっていった中でここは持ちこたえています。
 生徒数は少なくて存続がずっと危ぶまれて来ていますが、今では一般市民が聴講生として自分の好きな科目を受講できる制度が出来ています。オープンキャンパスのようなものです。
 市報によると・・・現代文・国語基礎・地理A・政治経済・数学II・理科基礎・理科実験・体育・書道II・英語II・情報処理(画像処理等)が選べます。
 一科目あたり1.640円(半年間)他に実習費が必要な科目あり
 ※だれでも受講できます・・・・だそうです。
 問い合わせは 木本高等学校定時制職員室 0597-89-6244 です。
 ここの定時制は入学するために受験すれば100%合格します。定員に満たないからです。
 ただし、文部省の規定もあり、私は入学できないのだそうです。
 理由・・・木本高等学校定時制は普通科です。私はすでに『普通科』の課程を修了しています。だから、同じ普通科には入学できないのだそうです。商業科・家庭科・家政科・工業科など専攻の違う高等学校課程を卒業したのであれば入学できるそうです。
 環境の良いところで夜間高校に行きたい方にはお勧めの学校なのですが・・・
 勤労学生をするつもりだと・・・他所から来て職場を見つけるのが大変です。
 定年後にのんびり学生気分を・・・も良いかもしれませんよ。
 しかし、高卒以上の方のほとんどは普通科卒ですよねえ・・・
 代議士ではないので学歴詐称をして入学しても処罰は無いと思いますが・・・過疎を救うためにもお考えいただけませんでしょうか???
d0045383_11114882.jpg

 カメラは オリンパス35S
全行程はこの範囲です

by je2luz | 2007-09-07 11:18 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/6097636
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 天神様 木本町西川町      熊野の旅 台風 >>