LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 08日

熊野の旅 響鼓in熊野2007 2

d0045383_1004887.jpg

 『響鼓in熊野』は8月第一週の日曜日と言うことで、まさに盛夏のイベントです。
 この時期のイベントは大体において夜のものが多いのですが、これは午後二時開演というものです。終演は夜9時近くになるということで、イベント用の移動発電機付き照明機も一杯用意されています。街中で電気のある所ですが大型照明の電気を簡単にもらうことが出来ないからこうしたリース屋さんの資材が活躍するのです。
 見る人が見れば、こうした資材だけでこのイベントの性格が分かるのではないかと思います。
 こうして設営した会場には玄人さんから素人までさまざまな露天が店を出して客を待ちます。
 折りしも快晴に恵まれた?ので『うだるような』路上でした。
 こんな時は『水物』が飛ぶように売れるのですが・・・
 あまりにも暑いので人出が無くて・・・
 舞台から一番遠いあたりに子供向けの店が数軒固まっていました。その一角には開店してしばらくすると子供の姿が見えるようになりました。
d0045383_1012567.jpg

d0045383_10131598.jpg

 店にとっては親つきの子供は見込み客ですが、走り回る『ガキ』は見込み客にはなりません。
 午後四時ごろになっても中々こうした親子連れが増えてきません。
 よく考えると、木本小学校の児童数は一学年20名ほどです。親子連れで来る年齢はせいぜい7・8年でしょう。保育所年齢となると10人ほどですから・・・全部そろっても150人居ないってことです。井戸小学校校区から来るとうんと増えますが・・・
 このくらいの年齢までの子供が居るときは親もこうしてついて出てきます。イベントがさほど好きでなくても一緒に歩き回りますね。家庭サービスの一環ですから・・・
 子供が大きくなってしまうと、『人が三人集まれば覗きたくなる人』、『ビヤガーデンなどあればとにかく飲みたい人』、『イベントに動員された人』それと『毎年でも太鼓を聴きたい人』しかこうした場所には足を運ばなくなってきます。
 かく言う私も、写真を数枚撮るという目的がなれがうだるような暑さの中、出掛けはしませんね。

 『暑さに負けずにがっばって活性化を!』の掛け声は聞こえてきますが・・・

カメラは センチュリー・グラフィック
レンズはスーパー・トプコール65mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-08-08 10:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5936916
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 響鼓in熊野2007...      熊野の旅 響鼓in熊野2007 >>