LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 07月 12日

熊野の旅 昼飯・お弁当事情

 木曽路ではありませんが、熊野古道はすべて山の中・・・です。
 不便なことにおいては木曽路の上を行くでしょう。
 木曽路の見所は残された宿場界隈ですし、古道はその間の険しい部分の峠道だけですから・・・

 熊野市内で古道歩きの対象になる、松本峠・大吹峠をはじめ風伝・日暮峠なども、民家もなくお店もありません。
 歩く距離はそれぞれたいしたこと無いのですが、とにかく、何も手に入りません。
 時間によっては、当然お昼ご飯の時間にもなるでしょう。
 普通の観光地でしたら、『現地で食べよう・・・』と言うことになると思うのですが、その『現地』には何も無いのです。リュックの中のものがすべてです。
 山が浅いので飲み水を確保する沢さえまともにありません。

 事左様に不便がとりえの古道です。
 十分に計画を練って。食い物飲み物の確保をしてください。
 お弁当に関しては、熊野市内にはそこそこ販売所があります。
 中心部なら『スーパーオークワ』『やまか』などが記念通りに、『かまどや』『モスバーガー』が国道沿いにあります。他にも『ジャスコ』『サークルK』『オークワ有馬店』などけっこう手に入ります。
 食堂に関しては観光ルートにも少しあります。
 駅前に『喜楽食堂』という大衆食堂がありここなら目はり寿司も食べられそうです。その近くには『丸山飯店』『竹林』など、松本峠に向かうと記念通りに『モリ』『川口屋』・・・それに、熊野に多いすし屋があちこちにありますね。『千代寿司』『まつや寿司』『東京寿司』・・・
 獅子岩方面に行くと、国道沿いに『小六』『しらさき』のほか数軒が並んだところもあります。
 これを外すと何もありません。
 と、言うより、市街地は見えている範囲だけです。実に狭いところですから、『そのうち・・・』は通用しません。『今か、無しか・・・』です。
 峠道でお腹がすき、のどが渇いて行き倒れそうになるのも、古人を偲ぶには良いかもしれません。しかし、それではせっかくの景色が目に入らないでしょう。下手すると、神仏を恨みたくなるかもしれません。
 そうなると、せっかくの『熊野詣』が台無しです。
 『神々の里』ですから、手っ取り早くご利益もある代わり、罰が当たるのも早いかもしれませんから・・・
d0045383_10561215.jpg

 カメラは 英国・エンサイン820・ロスエクスプレス
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-07-12 10:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5782456
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 三重県・県北・県南      熊野の旅 熊野市・南牟婁郡救急体制 >>