LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 30日

熊野の旅 熊野市の夜

 熊野古道歩きにこられる方はほとんど全部が日帰り、通過型の方ですから、熊野市で夜を過ごす方は少ないでしょう。
 それに、昼間歩き回ってお疲れなので例えここに泊まられても、夜の巷をさまようことも無いと思います。
 それでも、世の中にはどうしてもさまよいたいタイプの人が居られます。
 そんな方のために・・・
 熊野市はいわゆる『温泉場』でも『観光地』でもありません。
 かつて、交通が不便であった頃は巡航船待ち、連絡バス待ちなどでの宿泊もあり、小さな旅館がたくさんありました。そして、この地方の中核都市ですから、売春防止法が出来るまではちゃんと売春宿も存在しました。芸者衆も居ました。当時としては当たり前の都市機能は全部揃えていました。
 時代が変わり、巡航船が無くなり、連絡バスもなくなり、紀勢本線が全通すると小さな旅館は次々と閉鎖され、芸者さんも居なくなり・・・
 今では日本式旅館は一軒を残し壊滅状態です。それ以外で宿泊予約の出来るのは簡保センターとビジネスホテル数件と民宿です。
 そして、夜の巷にさまよい出ても、元々『歓楽街』を形成したことの無い町ですからまとまって『バー』『スナック』『一杯飲み屋』があるところはありません。木本町、井戸町のポツポツと点在しています。
 基本的には地元の客向けの店で、いわゆる『ぼったくり』はほとんど無いようです。
 私は、近年飲みに出ませんから、どこが営業しているのか良く分からなくなりましたが、まあ、新しく開業したところも無いと思います。そして、若いママさんがやっている店も無いと思います。それでも、ロシア人などという目の色の違う女の人の居る店もあります。「スナック」ではなく、『クラブ』を名乗っていると思います。この手の店も、まだ4軒とも残っているのでしょうかね。
 人口の割りに多いですね。
 例によって、韓国・台湾・フィリピン・タイとどこでも同じように女の子の国籍は移って行ったものです。
 このような状況ですから、熊野で飲みに出られるなら、泊まったところでお尋ねになったほうが良いと思います。さまよい出て、そぞろ歩きをしてもネオンサインには中々めぐり合えません。
 もう一つ、ここのタクシーは夜中は走っていません。12時前には呼んで貰って帰らないと歩く羽目になります。それと、外に出て何時間待っても流しのタクシーが無いので拾えませんから・・・
 スナックの類は、そんなに高くは無いでしょうが、安くもありません。きれいなねーちゃんが期待できませんから、人によっては高く感じるかもしれません。物は試し、出かけてみてください。あなたのお母さんくらいの人が居て安らぐかもしれませんよ。
d0045383_9542699.jpg

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-06-30 09:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5710847
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 夏休みの前に・・・紀...      熊野の旅 まずはおめでとう 石見銀山 >>