LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 27日

熊野の旅 天気続き

 先日も書いたように、今年の梅雨は天気続きです。それも、中途半端ではなく上天気が続きます。その代わり、降る時はまとめて降りました。
 まとめて・・・と言っても、この辺では普通に近い降り方でしたが、川の水位も少し回復するだけの降り方でした。
 この雨を待っていたのは、仕事の方ではお百姓さんでしょうね。四国ほどではないですが、水田の水も不足気味でしたし、みかん畑も水切れでしたから一息ついたと思います。
 片や天気続きで喜んでいるのは『土方』でしょうね。
 昔と違い『土方』と言う言葉はあまり使われなくなりましたが、『土方殺すに刃物は要らぬ 雨の十日も降れば良い』なんていわれるほど、雨に弱い業種です。
 文字通り、土を動かす工事が主で、屋外作業、危険箇所の作業が多いので雨では効率が悪く、現場によっては危ないです。
 田舎の街中では土方作業を見かけることは少ないです。
 地下鉄工事とか地中河川工事、共同溝なんて大型工事が道路を掘り返して行われるはずも無いですから・・・
d0045383_827849.jpg

 この半年ほど見慣れてきた木本町本町通り石畳工事はちょうど我が家もそばの工区をやっています。7月20日くらいまでの工事期間ですが文句なしに終わります。
 雨が少ないので、最終の石貼り作業も毎日順調に進んでいます。
 一枚一枚貼り付けてゆく作業ですから・・・それに、真ん中は既製品の人口石のパネルを目地を揃えて並べるだけですが、両端では現場合わせでブロックを切って貼り付けます。
 近くの浜への出口を出たところで切っています。堤防の外なので騒音もあまり聞こえないですんでいます。公害対策なしでやっていますから、石の粉が舞っていますから、良くは無いでしょうね。常設だったら困り物ですが、短期ですからまあいいでしょうか。
 違う工区ではバス通りが横切る所が残されていたのですが、そこに掛かっています。ここは一気に仕上げるでしょうね。
 本町を歩いてきて、この交差点を横切る時は気をつけてください。
 本町側のほうが狭いの、で今までは無意識にでも止まってバス通りを見ました。しあkし、これからは本町通りが石畳になりなんとなくこちらが優先に感じる可能性があります。
 今までは大きな事故が無かった交差点ですが、こうした人間の心理、錯覚が心配です。
 熊野古道歩きに来られても、友達との話しに夢中になって、バス通りを横切る時にずるずると入り込まないようにしてくださいね。歩行者天国ではありませんからね。
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-06-27 08:47 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5693020
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 観光客とゴミ      熊野の旅 適材適所 >>