人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 06月 22日

熊野の旅 山崎公園

 熊野市の誇る『山崎運動公園』に付属して、児童公園があります。
 テニス場、サッカー場兼多目的グランド、野球場の順で整備されてきたのですが、この児童公園と付属の公衆トイレは割合と早く整備できました。
 計画だ立案されたのは数十年前の話ですが、野球場が出来たのはつい先年の話です。
 市役所に入所した新入職員がここの模型を見て、『これが出来たら一号ホームランは俺が打つ!』と、なかば、しめしめと思ったそうですが、完成した時には役付きになる年でした。強かった熊野市市職員チームも今はどうなっているのやら・・・
 昨日は児童公園に行ってきました。
 平日と言うことで、野球場など競技施設のほうは静まり返っていましたが、この児童公園には小さな子供をつれたお母さんとかが結構きていました。
 熊野市の出生数からするとかなりの比率になるのではないかと思うくらいです。遊ばせに来る年齢幅が6年とすると・・・全市あわせても6×12×市報に載る出生数ですから・・・
 集まっている子供が20人もいると・・・
 孫娘がシャボン玉遊びをしていると、少し小さな子が飛んできて、一緒に遊びだしました。孫娘が5歳と0歳、その子が3歳と下が0歳・・・
 お母さんに聞いてみると、鵜殿から20kM走って遊たのだそうです。
 孫たちは埼玉から550kM走ってきました。
 少なくともこの四人は熊野市民ではありませんでした。
 田舎でも昔と違い、子供を遊ばせるのは公園になっています。田舎は緑が一杯ですが、意外とこうした公園の数は少ないものです。それに、昔は空き地などはきちんと手入れされ遊んだり歩いたり出来たものですが、今の空き地は犬も入れないほど草ぼうぼうのところばかりですから、こうして公園を探して遠くまで行かないと仕方ないのですよね。
 それよりも何よりも、今となってはこうした公園を作っても何人近所の子供がいるのでしょうね。
 親が付いて遊びに来るのではなく、子供たちが勝手に集まって遊びまわる遊び場で無いと活気もないし、本当に走り回ったりすることは無いですね。
 幸いなことに、こんなに広域で遊ばせに来るような状態なので、『公園デビュー』なんておかしなことは無いようです。
d0045383_1213654.jpg

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-06-22 12:01 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5663342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 空梅雨・・・男性型      熊野の旅 紀州は広い >>