LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 31日

熊野の旅 千年前から???

 百年前と言うと明治の後期です。日本も随分近代化されてきてはいました。
 しかし、紀州の南ではまだ鉄道も無く、徒歩が交通手段だったはずです。
 400年前だと江戸幕府が出来た頃ですね。本格的に東海道、中仙道などの街道が整備され始めた頃ですね。
 しかし、御三家の紀州藩の領地になったとは言え、紀州公も自分の領地でもこちらに来る用事も無かったでしょう。さほど豊かでない領地の端っこですからまあまあ年貢が納められてくればよい程度だったでしょうね。
 領内を結ぶ道はその昔からある大辺路、中辺路、小辺路などが使われたのでしょう。
 それよりは怖い枯れ木灘を越えての水路で物を運んだことでしょう。
 千年ほど前にこうした参詣道は切り開かれたようです。
 と言うことは大正から昭和にかけていわゆる『新道』が作られ、鉄道が南下してくるまでの間はこの南紀、紀州路は何百年もあまり変わらなかったようですね。
 まあ、南紀と言うところは平和なところで、坂上田村麻呂が攻めてきたのと、神武天皇が軍を率いて上陸したくらいで、ずっと戦乱に巻き込まれることは無かったようです。
 神々、諸仏が加護してくれたのでしょうか?それとも、とりっこする価値が無かったのでしょうか?
 気候温暖、戦乱なし・・・南方気質???
 某大手コンサルタント会社の重役級の方がおっしゃいました。
 『熊野市をはじめとしてこの辺りの人は南洋の○人みたいですね。いい意味ではのんびり・・・悪い風に言えば働かない・・・』
 そりゃあそうでしょう、千年以上前からこんな生活をしていたのですから・・・
 山賊や海賊がたまに人切り包丁を振り回したでしょうが、戦も無く平和だったのですからね。
 近代になってからは随分と海の向こうに連れてゆかれて帰らなかった兵隊さんも多かったですがね。
 そうそう、アメリカ軍も新宮の製紙工場以外は見向きもせず、上陸する気もさらさらなかったのがここ南紀なのです。
 ありがたいことです。
 しかし、困ったことに、台風と津波だけはこの辺にやたらと興味があるようです。
d0045383_10582611.jpg


by je2luz | 2007-05-31 10:58 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5520092
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市 夏のイベント      熊野の旅 熊野古道の景色 >>