人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 05月 07日

熊野の旅 人口動向

 例年三月四月は人の動きが一番多い月です。
 熊野市の三月一ヶ月(4月1日現在)の動きです。
   人口   21.173  (-262)
    男    9.811  (-152)
    女   11.362  (-110)
   世帯数 10.137  (-104)  ( )は前月比

     出生  9
     死亡 14     (3月11日~4月10日)

 見事なものです。ずらりと負の数が並びます。
 死亡数より人口減が大きいのは転出によるのもで、中学生、高校生が卒業すると9割くらいは外に出ますからね。それでも、学生さんは住民票を移しませんから今年の分ではないですね。
 単純に計算すると7年ほどで熊野市がなくなる勘定になるんですね・・・
 いつも、『俺が生きているうちは・・・』と言うのですが、このくらい先のことなら、『俺の生きているうちに・・・』と言えるような話ですね。
 これを読まれる方のほとんどは、大都市とまでは行かなくても都市にお住まいの方でしょう。そうすると市報や広報を見てもこんな恐ろしい数字は出ていないでしょうね。
 しかし、平成の大合併前の3300市町村のうち2000ほどはこんな状態なのです。
 地方出身の方でしたら、国に帰られた折にふるさとの人口動向にでも目を通してみてください。
 この(-)のうちの1があなたなのです。
 今年から、財源委譲で所得税の一部が地方の住民税に移されましたね。
 しかし・・・所得の少ない、所得の無い老人の多い田舎、林業が壊滅して基幹産業の林業からの収入もなくなった山間部では、所得税自体を収めている人は少ないのですからね。
 人口のかなりの部分が7万円弱の国民年金生活ですから・・・
 その育てた子達が都会で税金を納めてもねえ・・・
d0045383_11371763.jpg

 カメラは コンタフレックスIV+プロテッサー35mm

by je2luz | 2007-05-07 11:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5346904
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の写真      熊野の旅 おしまいは雨 >>