人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 15日

熊野古道・・浜街道の始まり・・木本町1

 松本峠を下ったところが木本・鬼の元です。
 ここには昔、鬼(海賊)が住んでいたそうです。そして坂の上の田村麻呂とやらに退治されたそうです。しかし、ここには田村麻呂とやら言う英雄の話はありません。鬼退治などと言う話は都人には面白いでしょうが、やっつけられた側になれば面白くないですからね。
 木本の町は先に出てきた休憩所から峠の方向、川沿いだけでした。砂利の地面ですから水に恵まれないため山沿い、川沿いしか開けなかったようです。
 戦前に鉄路がここまで敷かれ『紀伊木本駅』が終点でした。紀勢線の全通の時熊野使役に変わってしまいました。
 この紀伊木本駅から鬼ヶ城の東口までのわずかに1Kmほどが県道木本停車場線です。県道では一番短い路線です。この県道が本町筋で江戸時代末期には地図にあります。これが浜街道・御浜街道の始まりです。
 又、この鬼ヶ城東口から尾鷲まで巡航船が出ていました。国道が通じてからも昭和35年ごろまでは運行していたように記憶します。その船待ちなどで木本の町はにぎわったようです。
 この本町には格子の入った日本伝来の町屋が残っています。高度成長期には過疎が始まり開発などとは縁が無かったので結構残されています。古道散策のついでに歩かれると良いと思います。
 次も、この木本についてもう少し案内します。
 写真はパクシナ29というカメラです。

by je2luz | 2005-05-15 05:17 | 熊野 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/528774
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Outdated-corridor at 2005-05-15 12:31
はじめて書き込みいたします。いい感じの写真ですね。テッサーをお使い(下)もカッコいいです。パクシナ29ははじめて聞きました。
Commented by je2luz at 2005-05-18 03:53
テッサー・クセナー・カラースコパー・・・昔なら夢のレンズですが、50年余りの年を経て手の届くところにきました。出来るだけ現役で使ってやろうと思います。


<< 熊野古道・・浜街道の始まり・・...      旧奥川邸・・・旅の休憩所 2 >>