LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 07日

熊野の旅 伊勢路 滝原宮

 国道42号線で北上すると三瀬谷の手前で右手に立派な神社の森が見えます。
 これが伊勢神宮の別宮の『滝原宮』です。もちろん、官幣大社でした。
 そもそも、伊勢神宮は宮津の天橋立西詰めにある『籠神社』に始まり『倭姫』に連れられて近畿、機内を転々とし最後に今の場所に落ち着いたとか・・・その場所二十数か所・・・大和朝廷の勢力拡大平定に関係があるとかもいわれているようです。伊勢に移らずにここに残っていたらここに門前町が出来ていたのでしょうかね。
 余談ですが、『伊勢神宮』とは伊勢にあるから層呼ばれるだけで、神社の名前は、ただ、『神宮』とだけ言うのが正式だそうです。天皇家に苗字が無いようにここにも無いようです。
 そもそも、伊勢に決めた理由は倭姫が伊勢の地に行ったとき、あわびとか食べ物がすごくおいしかったのでそこに決めたとか言う伝説もあるようです。
 天照大神がグルメだったのか、倭姫がグルメだったのか・・・
d0045383_11104955.jpg

 国道のそばには道の駅をかねた物産会館があり、その前には広大な駐車場も用意されています。滝原宮の参詣用駐車場になりそこから大鳥居を抜けて数百メートル歩くと、境内の鳥居の場所に着きます。神殿まではさらに歩かなくてはなりません。
 車はそこまでしか入れません。この鳥居の前にも少し駐車スペースがあるので、神社に何か行事があるとかゴールデンウィークのように人出が多いとかの時を除けばそこまで車を持ち込んで参拝できるかと思います。
d0045383_1117528.jpg

 神社の入り口にはこのような土産物屋さんが一軒建っていますが・・・早朝なので締まっているのかどうかは不明です。屋号は『熊野屋』となっていました。伊勢屋でも滝原屋でもないのが面白いです。『伊勢商人』という言葉はあっても『熊野商人』なんて言葉はありません。
 熊野の人間は商売に関して伊勢に負けるのだと思います。しかし、ここに熊野を名乗るお店があるとは・・・
カメラは コンタフレックス+プロテッサー35mm
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-04-07 11:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5107592
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 伊勢路 川添      熊野の旅 伊勢路 3 三瀬谷 >>