LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 03日

熊野の旅 日本の夜明け

 『日本の夜明け』と言うと明治維新が思い起こされることが多いようです。
 神話の世界では太陽神とか火の神の誕生が歴史の大きな一歩として扱われるようです。
 日本の神話の世界で『火の神』が生まれたのは、ここ熊野は有馬の地だそうです。
 火山地帯でもないところでの誕生です。
 それも、母親がその火で焼け死んだとか・・・なんとも、ものすごい話です。
d0045383_9314437.jpg

 日本最古の神社だとされている『花の窟神社』は、最古ゆえに何も無いのでしょうか?
 ご神体が聳え立つ岩山であることはいいにしても、実に何もありません。
 拝殿すらありません。
 境内もさほど広くもなし・・・
 玉砂利を敷いた50坪ほどの一角が神域として確保されていますが、ほかには何もなし・・・
 それゆえに、観光資源にはなりえなかったところです。
 日本神話とかの好きな人は別にして、熊野古道歩きのついでに立ち寄られる人には、ガイドブックやパンフレットの『日本最古の・・・』のタイトルは印象的ですが、現地が意外と質素?なのであまり感銘を受けないかもしれません。
 常駐の宮司さんも居りません。
 まさに、不思議な日本最古の神社です。
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-04-03 09:43 | 熊野 | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5082983
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by guest at 2007-04-03 11:18 x
NHKの外人と旅する熊野古道の番組で、この話が出ると思ったら、新宮の巌話しかなくここはカットされ出てきませんでした。かってBSで鬼城で神主が初日の出に弓をいるシーンがありました。なんだかよく分からない神様の話ですね。非公認の場所みたいですね。世界遺産??
Commented by guest at 2007-04-04 10:01 x
調べてみましたら、NHKのは熊野速玉大社、 巨石崇拝に起源し、熊野三山を構成する三神社の一つ熊野速玉大社境内・御旅所・権現山は国指定文化財で世界遺産目録には花の窟熊野の鬼ヶ城附獅子巖が入っているようですが国の文化財ではないようです。これが根拠か?
Commented by JE2LUZ at 2007-04-04 20:13 x
 熊野権現は本来『神倉神社』元宮で、神域らしいものがあります。
 速玉神社は言ってはいけないのでしょうが、人為的な感じですね。
 花の窟などは大和朝廷以前のもので、戦前においても国の保護するところではなかったようですね。
 なにせ、社殿も拝殿も存在しないところですから・・・


<< 熊野の旅 伊勢路 1      熊野の旅 他国のことですが・・・ >>