LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2005年 05月 13日

旧奥川邸・・・旅の休憩所

 小さいながらも落ち着いたお庭のあるこの家は、木本きっての旧家『奥川』さんのものでした。今は熊野を離れ、住むこともなくなったと言うことで寄付された増した。そこで、熊野古道が世界遺産に指定されたのを機に旅の休憩所として解放されるようになりました。
 紀州桧で建てられたどっしりした建物です。築後100年になっても当然の事としてびくともしません。お屋敷は平地の少ない南紀ではさほど大きなものはありません。このお屋敷も木本では最大級ですがよその町に比べると小さなものでしょうね。
 この建物は『紀南ツアー・デザイン・センター』と言うもうひとつ似つかわしくない名前の団体が運営しています。正月を除き年中無休で旅人に休憩の場を開放しています。お座敷にも自由に上がれましから、縁側で手足を伸ばしてお休みください。
 ちなみに、奥川と言う家は江戸時代の古地図にもきちんと苗字入りで載っているおうちです。
 駅から熊野古道・松本峠に向かう途中にあります。駅から700mくらいです。
 次はこの休憩所の中を少し案内いたします。
 トップの写真を木本町周辺の地図にしました。クリックで拡大できます。

by je2luz | 2005-05-13 14:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/506522
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 旧奥川邸・・・旅の休憩所 2      熊野の古民家 >>