人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 31日

熊野の旅 国道42号線 熊野の入り口

 国道42号線を北の方、松阪・名古屋方面から南下してくると、熊野地方に入ったと言う最初の感覚は、今の紀北町、旧紀伊長島町の入り口の荷坂峠を越えたときです。これより紀伊の国なのです。その次は熊野市に入り最後の急坂の佐田坂を下りきって大泊に降りたとき、そして、決定的に熊野路に入ったと実感するのは、鬼ヶ城トンネルを抜けたときでしょう。
d0045383_1092322.jpg

 このトンネルは伊勢路から延々と続くリアス式海岸が一きり付いて、20Kmあまり続く緩やかな砂利浜、七里御浜の始まるところです。
 『木曽路はすべて山の中・・・』では無いですが、紀州路もたとえ海岸線に出ても山とトンネルばかりだった国道42号線、大台ケ原と言う紀伊山地の真ん中を抜ける国道169号線を走ってきたドライバーにとって、このトンネルを抜けたときに見える風景は全く違うものです。
d0045383_103142100.jpg

 正面には光る海の向こうにはるかかなたまで続く紀州の山並みがかすみ、左手には地球の裏側まで続く太平洋が広がります。
 熊野古道を歩いてきた人は少し高いところ、松本峠からこの景色を見ます。
 ここから見えている範囲に熊野の霊場から高野山までが入っているのです。つまり、神々と仏たちの住む土地が一望できているのです。そして、この世ならぬ『ふだらく』までも見えているのかもしれません。
 神々しすぎるのか、このトンネルの出口は夕方近くになるとまぶしくてまともに物が見えなくなります。
 そのまま、神の元に召されたり、仏のうてなに載ってしまったりしないように気をつけてください。せめて、お参りするための入り口にとどめてくださいね。
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-03-31 10:45 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5063806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 国境 荷坂峠      熊野の旅 春本番 >>