人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 23日

熊野の旅 熊野市役所

 熊野市役所は熊野市駅のそばにあります。
 南牟婁郡の半分くらいの8ヶ町村が合併して出来た熊野市の役所は暫定的に旧木本町役場や木本町公会堂を庁舎にし、すぐに木造の庁舎を建てました。その庁舎が建て替えられたのはこの家を建てた後ですから30年くらいでしょうか。後だと覚えているのは、旧庁舎にあったロッカーの払い下げを買い取って物置に収めたからです。いまでも、旧庁舎のロッカー三本が我が家の物置にあります。
 旧庁舎も今の場所にありました。
 敷地が狭く、駐車場の無いものだったので、市役所前にあった「日本専売公社」の営業所、倉庫や自動車修理工場を買い取って駐車場を確保しましたが、車社会が進み来客分も確保できなくなりました。
 今は旧国鉄の貨物ヤードを買い取って暫定的に駐車場として開放しています。これで何とか職員も車を停められるくらいになりました。
 公共交通機関では通勤は事実上無理ですし、平坦なのは一部に限られていて自転車通勤も限られますから、職員に車通勤をやめろとはいえ無いところです。
 この熊野市役所は來庁者の満足度の調査をしているようです。
 12・1月の結果が『広報熊野』に載っていますが、サンプルが11名と少ないのでひとりの違いが大違いになる傾向もありますが、総合評価五点式の3.5だそうです。
 身だしなみ、態度も3.5、説明3.9などとなっています。100点式なら70点から80点の結果が出ていますから、役所としては上の部でしょうね。
 熊野市は人口二万ほどですから、当然町役場級のわけです。市民に対する職員の比率も当然高く、近所のおじさん、おばさん、娘さん、息子さんと言う感じの人がごろごろ居ることになります。
 こうした、田舎の役場的な構成が窓口などでの応対が大きな町より親しみよいものになる要因でしょうね。
 業務の処理能力とかは別の問題になってきますが、田舎らしく窓口がやさしいだけでもいいことだと思いますね。
 ただ・・・この辺の方言はよその人が聞くと結構きついので、よその方が市役所に行くと少し違う評価になるのかもしれませんね。
 人によってはせっかくの説明も意味不明のときもあるかも・・・
d0045383_11363795.jpg

 カメラは コダック・メダリストI・エクター100mm

by je2luz | 2007-03-23 11:39 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/5013969
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 こんなのがあるそうで...      熊野の旅 花の時期 >>