LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 03月 12日

熊野の旅 世界遺産はすごい!

 お隣の尾鷲には信じられないような巨費を投じてただで使える??巨大な会館ができました。そして、ここ熊野では電信柱を全部建て替え、水道本管の敷設換え、引き込み管と止水栓の全戸取替え、電灯引込み線の引きなおし・・・そして、舗装を引っ剥がして石畳に・・・こんな大序行が一気に行われています。
 全国の自治体の首長が世界遺産指定に血道をあげる理由がお分かりでしょう。
 これなんですよね。
 自然遺産だと自然に手をつけることはできないと思ったら大間違いです。
 『自然を保護する施設』『自然に親しんでもらうための施設』『自然を開設するガイドの育成』・・・いくらでも考え付くのがそうしたやからです。それが役に立つとか言うのではなく、作ることに意義があると思っているのです。
 ここの石畳工事では通行止めや通行制限が続いていました。
 しかし、それによって商業活動に支障が出るとか。観光客の方にご迷惑をおかけするとかいうことはほとんどありませんでした。
 狭い本町通りなので、こんなことすれば迷惑をかけるのですが、迷惑をかけるようなお店もほとんどなくなっていますし、迷惑をかけるような熊野古道歩きの観光客なんてほとんど居ませんからね・・・
 それでも、進みます。立派な?物ができてきています。
 水不足、渇水の大都市、下水道もない都会東京が一気に整備されたのは『東京オリンピック』でした。これも、『世界に恥をさらすわけには行かない』と言う大義名分でした。
 そして、今日本中にぶら下がっている『大義名分の素』は『世界遺産』なのです。
 『誰がために鐘はなる』ってのがありましたが『誰がために金を使う』って状態です。
 『あとは野となれ山となれ』???
 撮り直さないとはっきり見えませんが、長方形の人工的な石のパネルが整然と並んだものです。いかにも人工的・・・と見えるのは批判的な目で見るからでしょうか・・・一度ご自分の目で見に来てください。そして、ほめてやってください。世界遺産を勝ち取った『北川前知事』を始め今の県知事、市長さんたちを・・・
d0045383_10564245.jpg

 カメラは イコフレックス2a改良型

by je2luz | 2007-03-12 10:50 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4941001
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 不思議な無人駅 大泊駅      熊野の旅 熊野市立新鹿中学校 >>