LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 28日

熊野の旅 昔日 蒸気機関車 2

 ここ熊野市は紀勢西線に所属していましたが、紀勢線全通と同時に、紀勢本線の南の折り返し点は中核都市で機関区などもあった『新宮駅』になり、ここは終着駅ではなく、列車の行き先も南は串本行きなどが消えて新宮行きになり、来た方向は松阪、亀山、名古屋方面に伸び、特急こそ停まりますが通過駅になってゆきました。
 紀勢線が全通が戦後15年ほどあとになったのは、未開通区間であった紀伊木本ー尾鷲間はリアス式海岸を抜けるもので。入り江のところでは顔を出しますが、岬部分はトンネルになる構造で全長の6割ほどが土の下という物だったからです。
 今でこそトンネル工事は割りと簡単でしたが、昔のトンネル工事は命懸けのものでした。
 トンネルが全面採掘になったのは確か「佐久間ダム」の工事で『ジャンボ機』とか言われる大きな機械が導入されてからだと思います。確かその機械が紀勢線の工事現場に導入されたように思います。それほどの難工事区間だったのです。
 開通しても、このトンネル区間を蒸気機関車で抜けることは乗客にとっても、機関士にとっても生易しいものではありません。全国あちこちの長大トンネルで機関士が失神すると言うことも起きていました。そして、蒸気機関車の煙突に蓋が付けられ、トンネル内での排気を減らそうと言う工夫さえされていました。トンネルに入る前に蒸気圧を制限一杯まで上げておいて余力で走ろうと言う苦肉の策をとっていたのです。しかし、30Kmもの間で半分以上がトンネルではその手法も使えません。そこで、当時売り出し中だったジーゼル機関車がこの紀勢東線側に投入され、蒸気機関車が姿を消したのです。
d0045383_102639.jpg

 それと共にあの遠くまで響く汽笛の音もこのあたりから消えてしまいました。
 木本駅で鳴らす汽笛は風向きによっては一山越えて道のりでは10Kmあまりも離れた飛鳥まで聞こえたものです。そして、場合によってはドラフト音まで聞こえたものです。
 まさに蒸気機関車は生き物のようでした。
d0045383_10125199.jpg


by je2luz | 2007-02-28 10:13 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4853328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 昔日 蒸気機関車 3      熊野の旅 昔日 蒸気機関車 1 >>