人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 25日

熊野の旅 熊野市立荒坂中学校 建替えで着なかった体育館

 二木島の集落から見ると小学校の反対側の山懐の中腹に『荒坂中学校』はあります。
 こちらもやはり手狭な場所を造成して学校を作って居あります。
 位置的には海抜も高く、良い場所なのですが、そこにたどり着く通学路は普通乗用車がやっとこさ通れるようなものです。いわゆるアメ車では通れないのではないでしょうか。JRの線路と民家にはさまれた拡幅のしようが無いものです。
 国鉄の線路が出来たのはこの学校が既にここにあった時代です。今の時代では信じられないことをやっています。
 猟師町は狭い所ですから、用地交渉は難航するでしょうが、普通なら、そちらに便乗して通学路をせめて車がまともに通れる道にするはずなのですが・・・
d0045383_11393423.jpg

 校門から振り返って二木島の町方向を見た写真ですが、サクラの木の間に紀勢本線の線路が見えています。すぐ下でトンネルに入ってゆきます。
 このような高さの所にあるので、津波の時などの避難所には適している所です。
 小学校は川沿いであり、海からも100mくらいと言う頃で、津波などの避難所には向かない所です。
 荒坂中学も険しい山の下であり横には沢が流れていますが、二木島地区では一番安全な建物でしょう。
d0045383_11444557.jpg

 普通、避難所には体育館が使われます。しかし、ここの体育館は老朽化しており手狭の物です。
 十数年前に建替えの話が出てきました。当時はまだ生徒数も今よりは居たのですが、用地のないところなので、運動場下の空き家になっている民家を買い取って下駄履きで立てる案で進行しかけていたのですが、結局は実現しませんでした。避難所を立てるという意味で立てても良いかな・・・と言う学校施設だったのですが・・・
 今となっては、一般教室を避難所に当てても問題ないくらいに生徒数も減ってしまい。あと少しすれば平行の可能性も出てきてしまいました。
 テレビでも取り上げられるほどの漁港なのですが、極端に老齢化が進んできていますからね。悲しいことです。
d0045383_11521142.jpg


by je2luz | 2007-02-25 11:53 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4827819
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 夕張ではありませんが・・・      熊野の旅 熊野市立荒坂小学校 >>