LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 02月 14日

熊野の旅 熊野市立井戸小学校

 昨日は元の分校あとを紹介しましたが、こちらは井戸小学校本校です。
 井戸小学校は昔の立派な木造校舎が老朽化して建て替える時引っ越しました。
 古いほうの敷地は山と川に挟まれ拡張のしようがなく、旧校舎を立てた昔には井戸町と言うのは沼地のような田圃が大部分で家が少なかったのですが、昭和30年台の終わりごろにその田圃が埋め立てられて宅地化したため、戸数が増えて児童数も増えて手狭だったのです。
 今の敷地は対岸の広い田圃を埋め立て作られたものでグランドも広く確保されています。
d0045383_10531469.jpg

 この学校敷地を造成する手法は少し変わっていました。
 組合を設立して周辺の田圃まで余分に買収して造成、学校敷地以外を分譲して学校敷地の造成費を安くしようと言う方法がとられました。広い造成地に中で一箇所協力が貰えずくぼ地になって残っている所があります。
 正門は広い県道に面していて、目の前には造成する前の高さの田圃が広がっています。
 道路も学校も出来てから20年足らずですから、都市近郊の新興住宅地の雰囲気があります。
d0045383_1112255.jpg
d0045383_112194.jpg

 このように人気のない少しよそよそしい雰囲気になっているのは今の学校と地域社会の関係が表れているような気もします。
 井戸町の中心部はこのように40年から20年ほど前に掛けて造成され、家が建てられていった新しい市街地です。しかし、千里ニュータウンの老齢化が問題になっていますが、都市近郊でさえ新興住宅だったところが老人ばかりになってくるのですから、当然のように跡継ぎが流出する田舎では確実に老齢化が進みます。40年前に40歳で家を建てた人はすでに80歳、20年前でも定年を迎える訳です。
 町並みが新しくても・・・・・・
  コンタフレックスIII+プロテッサー35mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2007-02-14 11:11 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4738086
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市立井戸小学校・...      熊野の旅 熊野市立井戸小学校・... >>