LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2007年 01月 02日

熊野の旅 2007年の熊野

 年が変わって熊野が変わるわけではありません。
 長い歴史の中で、特に栄えることもなく、近代の開発にもさほど荒らされず・・・
 半分忘れられたように眠っていた熊野の地を世界遺産とやらに指定しましたが、さほど変わるものでも無し・・・
 先輩の日本国内の世界遺産指定地も指定されていることすら忘れられ、熊野の指定のあとには『知床』が指定され、次は『石見銀山』だとか・・・『富士山』も指定を目指してゴミ片付けにおおわらわだとか・・・他にも指定希望地が目白押しだそうです。
 まあ、あまり変わらず、破壊もされず、それで良いのだと思います。

 熊野市の現状は・・・
   人口 21.570人
     男 10.025  女 11.545
     女の人が大幅に余っています。
     ただし、適齢期ではないと思います。

   世帯数 10.305

   65歳以上 7.258 人  33.65%
      男 2.915  女 4343

 2006年11月末の数字です。
 一年間で人口は増えています。
 理由は南牟婁郡紀和町と合併したからです。1500人も増えました。すごいでしょう?
 このためにかかる経費はどれくらいでしょうね。
 戸籍、住民票をはじめとする、球紀和町の住民の方の公文書の訂正、土地台帳などの訂正、条例の廃止や親切に関するもの、道端の看板からパンフレットのやり直し・・・きりがないほどあります。表に出ないお金がほとんどですがね。
 まあ、熊野市はこんなものです。
 そして、この紀伊半島全域も良く似たものです。

 それでも、のんびり、平穏なのは気候のせいでしょうか?
 いつ起きるか分からない大地震にもぴりぴりする人も居ませんね。
 極楽浄土の入り口に暮らしているので気楽なのでしょうか?
 その割りに、信心深くないような気もしますが・・・
 仏は衆生を救わんとして居られるのですから・・・これでいいのかも???

 今年もぼちぼち、書いてゆきます。
d0045383_11502462.jpg

カメラはこれからよく使うかもしれない・・・・
   スピグラ23

by je2luz | 2007-01-02 11:54 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4491000
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市は広い      熊野の旅 良いお年を・・・ >>