人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 27日

熊野の旅 正月準備 2

 お正月には全国共通で御餅という物があります。
 餅は古くから、何があっても行事のたびにつかれて来ました。この辺りですと・・・
 正月・・・お鏡
 節句・・・菱餅
 春の彼岸・・・丸もち
 さなぶり(お植え終わり)・・・塩小豆まぶし餅
 秋の悲願・・・丸もち
 などの年間行事の他は
 厄払い・・・餅撒き用小餅
 棟上式・・・餅撒き用小餅
 命名・・・お供え用、ご近所披露用
 七五三・・・餅撒き用小餅
 などにもちが付き物でした。
 夏以外はまさに年中どこかで餅がつかれて餅撒きが行われていたものです。
 この中でお正月のお鏡については飾り方には差があるにしてもここでは普通の代償に団重ねの物です。
 三宝・タカツキにウラジロシダを敷き餅を載せ上に橙またはトミカンと言うミカンの原種のようなものを載せる簡素な飾り方です。
 そして、お雑煮用や普通に食べるための小餅もたくさん作りますが、ここが関東と関西の違いの出るところです。
 ここは関西ですからこうしたもちは全部丸餅です。薄く延ばして切るのは、お雛様の時の菱餅だけです。お雑煮も当然丸もちです。
 ところが、最近、家庭で餅をつかなくなり、スーパーで買うようになってくると、「サトウの切り餅」なんかの四角い餅が入った雑煮を作る家も増えてきたようです。
 正直言って焼くのは丸餅より切り餅の方が焼きよいです。
 こうした文化も少しずつ変わって行くのでしょうね、
 そもそも、昔は関東から嫁をもらうなんてほとんど無かったですし、嫁は姑に嫌でも仕込まれて、風習を実に付けた物ですから続いてきたのでしょう。
 取り立てて大きな風習もないこの辺のお正月は他所から来たお嫁さんが簡単に変えられます。安心して嫁に来て貰って結構ですが、嫁を貰う若い衆はほとんど居ません。
d0045383_10354479.jpg


by je2luz | 2006-12-27 10:44 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4456141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 正月準備 3      熊野の旅 正月準備 1 >>