LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 19日

熊野の旅 熊野古道関連工事住民は?

 熊野古道・世界遺産便乗工事の木本町本町通りの舗装改良工事が着手されたことの続きです。
 連日昼間は部分通行止めにして電柱工事や水道工事をやっています。
 年末の忙しい時期に工事に掛かり車が入れなくなった訳ですが、これで困るような商店はありません。本町通りからは人の出入りや荷物の出入りの激しい商店など無くなっているからです。
 それだけに、道路を石畳入りのものに換える意味が分からないのです。
 一日に数人通る熊野古道歩きの観光客のためなのでしょうか?
 舗装が変わって観光客が増えるのでしょうか?
 存在しない商店街の売り上げが増えるのでしょうか?
 計画のための計画、青写真を書いたら予算が付いちゃった???

 地元への説明会なんてのも開いてはいましたが、今はやりのタウンミーティングじゃないですが、出席するのはこの規格になった一部の『熱心な』方です。端から住民の意見など聞く気はさらさら無し・・・
 それよりも、この工事に賛成している住民がほとんど居ないことが面白いですね。
 まるで、他人事です。
 『こんな大工事やって、客なんか増えんのにね・・・』
 分かってらっしゃいます。住民の人たちは・・・
 お役人だって分かっちゃあいるんでしょうがね。
 それでもやります。
 有明海などに比べれば可愛い無駄遣いでしょうね。
d0045383_10283747.jpg


by je2luz | 2006-12-19 10:29 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4407339
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野路にも晩秋が・・・      熊野の旅 熊野古道関連工事始まる >>