人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 15日

熊野の旅 国道42号線・テイクアウト

 国道42号線は通行量の多い国道ではありません。そして、南の下がれば下がるほど減ってきます。
 車の通りが少なく、地元の住民も少ないと言う事は。大きな食堂やドライブインなどやってゆけないと言うことです。まして、大手外食産業のチェーン店など進出してくるはずもありません。
 よそから来られた人はどこで食べようかと迷うと思います。
 地場物の小さな店を探すのが好きな人は別として、大体において、他所に行くと効いたことのある店とか大きな店に入ることが多いからです。
 国道42号線をなんかしてくると、大きな店どころか小さな店も見かけなくなってきます。町中まで入っていっても地元の人に聞かないと分からないほどしかありません。
 熊野市では国道沿いに他他弁当の『かまどや』とハンバーガーの『モスバーガー』が並んでいる所があります。モスには駐車場が用意されていますが弁当屋にはありません。
 二車線の国道に面して駐車場無しで弁当を売っているのですが、それでもドライバーが買ってくれるのは、通行量が少ないので路上駐車したままで買えるからです。
 あまり感心した光景ではないのですがね・・・矢張り、ひやりとするような光景は見かけます。ただ、田舎ですから、駐車違反を民間委託するようなことはありませんからね。
d0045383_10454062.jpg

 これは先日の昼下がりの映像です。
 熊野市海岸沿いの国道42号線は昭和44年ごろに海沿いに移された新しいもので、片側は民有地ですが、片側は堤防とか松原とか、官地がほとんどで、その外は太平洋です。つまり、片側には人が住んでいるけど、片側には人間はいないと言うことです。地元の見込み客は単純に見積もっても半分になります。そして、この道路に用事のある人はほとんどいないって子とです。
 この国道に向かって玄関を持った家を建てているのは私のほかにはほとんど居ません。皆さん、旧市街の本町向けに暮らしています。
 そのため、昼下がりでもいつでもこんな光景です。
 車が止まってあげないと商売になりません。
 カメラは コンタフレックス4+プロテッサー35mm
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-12-15 11:02 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4381825
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 回線事故・・・休みます。      熊野の旅 『歓迎』 >>