人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 05日

熊野の旅 JR紀勢本線 熊野市駅

 かつて、紀勢西線終着駅として名古屋、伊勢方面に向かう旅客の国鉄バス紀南線への乗換えで賑わった旧。紀伊木本駅・現熊野市駅も、長距離旅客は素通りし、乗降客が激減しています。
 かつては駅構内になる敷地内には私鉄のバスは乗り入れることが禁じられていて、国鉄バスだけが駅構内で乗れたのです。その国鉄バスも今では廃線になり私鉄のバスと隣接の和歌山県北山村の村営バスが山間部への足となっています。
d0045383_11162790.jpg

 バスの利用者は山間部などの高校生を除けば便数が少ないので通勤に使う人は居ません。朝のダイヤは県立木本高校の時間に合わせているのです。他の利用者はお年寄りだけです。この写真でも向こうの方の陽だまりにいつ来るバスを待っているのやらお年寄りが荷物の番をしながらすわっていました。
d0045383_11212310.jpg

 バスの便数も北山村営バスの朝夕一本ずつと言うのを代表に、一日数本のものばかりです。そのためか大きな駅のバスターミナルはバス乗り場が行く先別とかに分かれていますが、熊野市駅構内で乗れるバスは全部固めて在ります。
 こんなに団子にしちゃっても看板だけが賑やかなだけで、お客さんが混雑したり、乗り間違えるほど人も居なけりゃバスも来ないのが悲しいですね。
カメラは マイクロコードMk-II
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-12-05 11:27 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4305965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の冬      熊野の旅 創作劇・花の窟 >>