LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 12月 04日

熊野の旅 創作劇・花の窟

 花の窟を題材とした創作劇が昨日、上演されました、。
 熊野市民会館は年間通してそんなに利用回数の多い会場ではありません。
 定員700人余くらいになっているのかと思いますが、『市民会館』にすれば小さな方でしょう。
 手狭な敷地にねじ込んだので、楽屋も小さく、舞台装置も搬入できない構造でした。十数年前に改装すし、観客席を減らして舞台を広げたりし先ごろにも大改装をやりました。
 それでもこの会館の大ホールが使われることは滅多にありません。
 人口二万人しかなく、老人が1/3を占めるのですから見込み客数が少なく、興行収入が見込めないので出し物を持ってくる業者もいないのです。
 昨日の創作劇は久々の『お芝居』だったのですが、丁度終了時間に市民会館の近くのスーパーまで出かけましたが、お芝居帰りの人たちに出会いました。
 お芝居があるのを知らなかったら、市民会館で『老人クラブ』も催しがあったのかと思ったでしょうね。
 まあ、お芝居見物と言えば『お年寄り』『オバちゃん』に相場は決まっていますが・・・それにしても、老人、それもおばあちゃんの集団です。よくもこんなに湧いて出たものだと感心しました。
 これでは集音マイクからの音をうんと増幅してやら無いと聞こえていないのではないかとさえ思えてきました。
 上演する側は地元の人たちですから特にびっくりすることも無いでしょう。それにしても、こうした活動をやっていることには頭が下がります。来年もこの公演があるのかどうか不明ですが、ぜひ続けてもらいたいものです。
 何百人も人が集まることなんて年に何回かしかないのですから・・・
d0045383_11224388.jpg

 この花の窟のお綱賭け神事を題材にした創作劇です。
 よそへ行って公演することはないでしょうね。運がよければ、熊野古道歩きに来られた時にここで見られるかもしれません。

by je2luz | 2006-12-04 11:25 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4298015
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 JR紀勢本線 熊野市駅      熊野の旅 本日休載 写真のみ >>