LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 17日

熊野の旅 紀勢線有井駅 

 紀勢線で熊野市駅から新宮に向かうと日本のトンネルを抜けて無人駅の『有井駅』に到着します。
d0045383_13234281.jpg

 ここの地名は『有馬』ですが、昔、ここが村だったとき、この有馬地区と山を隔てた井戸地区が一つになり『有井村』を作っていました。その頃に出来た駅なので『有井駅』となっています。
 駅名は共通の『有井』を名乗っていはいますが、井戸地区の人にとっては全く利用できない駅でした。
 井戸地区にも駅があります。もっと大きな駅です。昔から急行も止まる重要な駅です。
 それなのに鉄道マニアでもその駅は分かりません。
 この井戸にある駅が『旧・紀伊木本駅』です。今は『熊野市駅』となっていますが、かつては紀勢西線の終点になっているこの駅は、隣接するこの周辺の木本町の名前をかぶせたのです。当時は合併前ですから、全く行政区域が違っていたのですが、駅名は乗っ取られたのです。だから、有井村の駅は有馬にある駅ということで『有井駅』になっちゃったのでしょうね。
 今ではこの駅は近くにある近畿大学の工業高等専門学校の生徒さんの通学駅としての利用や子供達が新宮などに遊びに行く足としての利用がほとんどです。大人の乗降客は少ないですね。
d0045383_13244543.jpg

 ここの駅舎も無人化後に建て替えられた箱のようなものになってしまいました。昔は木造の感じの良いものだったのですかね・・・駅前にはクリーニング屋まであって・・・
 この小さな駅舎を抜けると有井村の中心だった訳です。駅前にでんと構えるのが『有馬小学校』です。
 とかく『有井』と『有馬』の使い分けはややこしいです。
d0045383_13285854.jpg


by je2luz | 2006-11-17 13:31 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4198930
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野市立有馬小学校 1      熊野の旅 老舗の産院 >>