LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 11月 03日

熊野の旅 新・熊野市 旧・紀和町

 今年の春、平成の合併により熊野市と紀和町が合併して熊野市が広くなりました。
 人口の減少が続き1/3ほど減った熊野市でも一応『市』でした。合併前の紀和町は過疎化と老齢化が熊野市より進んでいて、人口などはピーク時の1/5とかになっていましたからその差はものすごく大きなものでした。
 地方自治体の一番小さな単位の市町村の議会議員選挙はほとんど単一選挙区・大選挙区で行われます。しかし、平成の大合併では吸収合併のような合併が多かったので小さい所を分離して独立選挙区を設けて選挙を行った所が多く見かけられます。
 熊野市・紀和町の合併に伴う市議会議員の選挙は一年任期を短縮して今年の春に行われました。その時に旧紀和町に割り当てられた定員は3名でした。これを割り当てないで選挙すると紀和の方で立候補者を絞り込まないと下手すると議員0になる可能性もあるからです。
 老齢化が進んでいるので候補者も高齢に人ばかり・・・当選者も高齢の人と言う結果になりました。そして・・・一人お亡くなりになりました。
 公職選挙法の規定により、欠員が生じても、ある程度の数までは補欠選挙を行わなくて良いのです。その数は1/5までとなっています。だから、何処の町でも議員さんが死んだら選挙・・・なんてことは無いのです。
 紀和町のような選挙区を作ると今回のようなケースになると、一人欠員になるとすぐに選挙をすることになります。代表者が大幅に欠けた状態を放置できないからです。
 と、言うことで半年ほどで又市議会議員選挙だそうです。定員jは欠員になった1名分です。立候補は二人になりそうです。告示までにもう一人死ぬと定員が増えるのでは??
d0045383_11361394.jpg

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

↑↑よろしければ一日一回ポチッと押してください

by je2luz | 2006-11-03 11:36 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4120982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 連休の松本峠      熊野の旅 番外 新聞記事で思う >>