人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 20日

熊野の旅 熊野の秋 9 干物

 木本神社の祭りが終わり秋が深まってくると、そろそろ熊野にもサンマの声が聞かれるようになってきます。
 北海道の初サンマの声が聞こえてからこの沖で取れるようになるまでにはかなりの日にちがかかります。もう少ししないとサンマの群れは南下してきません。
 三陸沖の秋刀魚でも調子沖の秋刀魚でも今は店先に並びます。保存手段が進歩したので、サンマの初物の時期には去年のサンマが店先に並んでいるくらいです。
 焼いて美味しいよその秋刀魚では熊野名物の丸干しは旨く干せません。油が多すぎて乾かないからです。
 昔と違い、サンマの干物でも年中欲しがるのが今の消費者です。そのため、市中に出回るのは冷凍保存した干物が多いのです。
 人工乾燥よりは天日干しのほうがうまみ成分が増えるとかで美味しくなります。ただし、温度も高く紫外線もあぎるので変色も早くなります。
d0045383_1191866.jpg

 地元の魚屋さんは例え人工乾燥機にかけても最後は機械から出して天日にさらします。それで旨みがうんと増えますから・・・そして、本当に地元用は完全に天日で干し上げます。
 今の季節はほんの少しずつの干物作りですが、11月半ばくらいにこの沖のサンマが上がりだすとサンマのすだれがあちこちで見られるようになります。
 熊野古道歩きの時、親地町辺りに行けば、漁場の女の人たちが目にも止まらぬ速さでサンマの尻尾を紐でくくっているのを見られるかもしれません。
d0045383_11104295.jpg

 カメラは ツァイス・コンタフレックス4・プロテッサー115mm
熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-10-20 11:22 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/4039886
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 木本町町並みと看板      熊野の旅 飛鳥神社 3 大又川 >>