人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 10月 12日

熊野の旅 熊野の秋 5 親地町六方

 今では木本祭りの代表的な出し物になっているものに『六方行列』があります。
 これは奴さんの格好をした子供達が大名行列よろしく行進するものです。
d0045383_111421.jpg

 この出し物は木本神社の鎮座する所、木本の発祥の地、『親地町』の物です。
 親地町は西郷川の河口にある元々漁師の町でした。
 黒潮が運んだじゃりが堆積して出来た木本などでは海岸近くでは地面が砂利なので井戸を掘ることが難しく、例え掘っても塩水が逆流してきます。そのため。このように川があるところでしか水を得ることが出来なかったのです。そして、ここなら西郷川の伏流水で井戸も真水が取れたのです。ここの別名を『おやいど』と言います。これは『親井戸』なのです。木本は発展して浜街道沿いに今の本町が形成されて行っても水はここに頼っていたのです。
 この親地町は住居が密集した所で人口も多いのです。そのため子供の数も多く、大勢の六方の役者も中学生だけで編成してもはるかにオーバーしたものです。だから、この六方に選ばれるのはものすごい名誉なことだったのです。
d0045383_11134156.jpg

 この写真で見てもらえば分かりますが、行列の後ろの方では作り物の小さな火縄銃でさえ大きすぎるような子供が歩いています。とてもとても中学生には見えません。
 いつも書いていますように木本町全体の子供でも一学年20人を切るほどになってきていますから、その一部の親地町だけとかではまるで足りないのです。その結果、小学生の低学年まで出番が回ってきたのです。
 この六方は戦前から続くものらしく今では伝統の物です。お城も無く殿様も居ない、おまけに参勤交代の行列など通らない熊野古道・浜街道の田舎町に大名宇行列のまねごとがあるのですから・・・そう、伝統の・・・ですが、残念ながら由緒正しき・・・ではないのです。
 それにしても、これも何時まで続けられるのか心細いものです。
 熊野の土産に『六方行列』をプリントしたTシャツがあります。凝られた時はお土産のどうぞ・・・
カメラはレチナ3c カータークセノン35mm

熊野三山と熊野の地図へ   ←←←←をクリックすると案内図が開きます。

by je2luz | 2006-10-12 11:23 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3989919
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 熊野の秋 6 木本祭...      熊野の旅 熊野の秋 4 新田元宮太鼓 >>