人気ブログランキング |

LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 30日

熊野の旅 とっさの時どうする?・風雨

 今度は台風や集中豪雨について少し書きます。
 熊野・紀州路は大雨の降りやすい地域です。本州一と言う降雨量で有名な尾鷲があるのですからね。山間部になると観測ポイントが無いだけでものすごい雨が降ることは間違いありません。それに、近年は直撃する台風が好くなのですが、台風の常襲地域でもあります。新宮から紀伊長島方面にかけては紀伊山地の南東斜面になり台風の余波の雨が大量に降る地形です。直撃を受けなくても300mm~400mmはすぐに降ります。
 これだけの雨が降れば普通の地区なら床下床上浸水で大騒ぎになるはずですが、この地方の河川はのべつ降るそれくらいの雨水をはかすように出来ていますし、それくらいで水に浸かる所には人は住んで来ませんでした、残念ながら近代になって人の住まなかった所に家を建てる事例が出てきています。当然のようにそうした所は水につかってしまいます。その対策に巨費を投じましたが自然の猛威には勝てないようです。
 そうした場所以外は洪水に対しては安全な方です。強いと言っても外をうろつくのは無理ですね。山道は道が川になります。そして、沢を横切る所はとてもわたることは不能になります。
 熊野古道は山の中ばかりです。普通のときの雨は木立に救われて時化ぶる場所が少なく、足元が滑ることに気をつければ散策できるのですが、台風接近時や前線が活動している時は身長に行動してください。
 車の走行も連続雨量250mmで国道のゲートが締まり各所で通行止めになります。一度ゲートが締まると雨がやんで二時間経つまで日が差してきても開きません。崖の無い、谷の無い安全な所で退避していて下さい。
 交通止めにならなくても、豪雨の時はまさに『バケツをぶちまけたよう』な振り方ですから、ワイパーをかけても前は見えません。無理して走っても危ないだけです。特によそから来られて道を知らない人は尚更です。こんな時も崖が無く谷も無い所で退避して下さい。
 こうした天候の日は一年間で10回くらいでしょうか・・・
 運悪くそれにぶつかったら、こうした当たり前のことを守って無理はしないでください。
d0045383_11461978.jpg


by je2luz | 2006-09-30 11:46 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3911253
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 本日休刊・・・写真のみ      熊野の旅 とっさの時どうする? >>