LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 09月 16日

熊野の旅 秋と言えば・・・しかし、熊野では

 秋の味覚と言えば『サンマ』をあげる人が居るでしょう。
 秋刀魚は秋の始まりに北海道、三陸沖で取れ始め、秋たけなわには銚子沖などお江戸の食卓をニギアワセて来た魚です。今でこそ、『新物』が秋になると熊野のスーパーにも並びますが、もともとこの辺で秋刀魚が食べられるようになるのは晩秋になってからです。秋が深まり干物を干すのにも丁度良くなった頃から真冬にかけてこの沖合いで獲れるのです。
 この『くまののサンマ』はやせて小さいことで有名です。
 その説明に『三陸、銚子沖などを経由しているうちに油が落ち痩せてしまった・・・』と言う一般的なものがあります。
 私はこの説明に納得できません。
 『油が落ち、痩せる』配意にしても、生物が生長してから身長が縮むなんてありえないでしょう。骨の無いナマコなどならいざ知れず、立派な背骨を持ったサンマの平均身長?が何センチも熊野沖のほうが小さいなんてあり得ないでしょう。熊野沖の群れと巨大な銚子沖のサンマの群れは別行動のものだと思います。
 かく左様に、ここで取れるサンマは小さいものです。脂もありません。生のままで焼いて食べると『病人食』のように味気ないものです。中にはこのパサパサのが好みの人はいますが90%以上は『熊野のサンマはまずい』と言うでしょうね。
 この『まずいサンマ』を美味しく食べようと色々工夫して来たのでしょうね。そして、定着したのが『丸干し』と『姿寿司』でした。
 美味しいサンマが話題になる間はまだまだ出番ではないのですが、寒い秋がやってくるとこんな風景が現れます。
d0045383_144386.jpg


by je2luz | 2006-09-16 14:04 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3812333
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 秋風のようなニュース      熊野の旅 秋が来ても・・・ >>