LUZの熊野古道案内

je2luz.exblog.jp
ブログトップ
2006年 08月 31日

熊野の旅 秋色・・・丸山千枚田 3

 役所の助成もあり、山に戻るかと言われていた千枚田も今はきれいに耕作されています。
 こうした棚田は田から田へ順番に水を送って水田稲作をするものです。段々の途中で耕作放棄した田圃が出るとそれから下の田圃では工作できなくなります。集落全体の協力が必要なのです。
 今の農業の現状ではもっと平らなところで耕耘機が使えるところでも耕作放棄される田が増えています。近所の人に頼んでも引き受けてがないのです。老齢化もすさまじいものですから集落で一番若いのが40代とか50代なんてところもあるのです。
 こうした段々の山田を維持することはとても不可能に近いことなのです。
 農業後継者とかいう問題を通り越した実態だからです。
 観光資源化したといっても、丸山千枚田に人が訪れても入場料が取れるわけでも無し、田の畦を踏まれて痛むとか、家を覗かれるとか、あまり良くない面も増えています。
 よそでは観光と地元の生活がぶつかってぎすぎすしているところもあるようです。幸いなことにこの丸山千枚田は家並が観光対象でもないし、道路に面した家も無いので救われているようです。
 この採算性の悪い山田を維持するには米の収入にプラスするものが無くてはなりません。そこで考えられたのが『オーナ制』です。
d0045383_1147757.jpg

 田圃の耕作権をよその人に買ってもらい、育成管理をしてその管理費を収入にしようと言うものです。オーナーは田植えや稲刈りと言った行事に参加でき、秋にはお米も送ってもらえると言うものです。梨のオーナー制度、りんごのオーナー制度など色んなオーナー制度が行われていますがその一つです。
 スポンサーが付いた水田にはこうして木の札が立っています。役所も一生懸命オーナー探しをしているようです。役所関係のオーナーも見かけられます。
 かなり熱心にオーナー探しをし続けないと大変だと思いますね。なにせ、熊野は遠いですからお米作りが体験できるだけならもっと便利な田舎が一杯ありますからね。
 もう一つ、本当にこのまま老齢化が進んだら、オーナーの田圃の管理が出来なくなりますね。自作農を兼ねて貸し出ししているからやってられるのであり、オーナー田のためだけに工作に通うことも出来ないからです。全部にオーナーが付くなら出来るかもしれませんが、難しい問題も抱えています。
 しかし、今は見事な棚田が復活しています。

by je2luz | 2006-08-31 11:57 | 熊野 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://je2luz.exblog.jp/tb/3677016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 熊野の旅 戦争の爪あと Lit...      熊野の旅 秋色・・・丸山千枚田 2 >>